令和5年度文化財保護防火訓練が行われました

ページID 1014831  更新日 令和6年2月8日

印刷大きな文字で印刷

  • 令和5年度文化財保護防火訓練 消火器訓練の様子
  • 令和5年度文化財保護防火訓練 消火栓取扱い訓練の様子
  • 令和5年度文化財保護防火訓練 負傷者救出訓練の様子
  • 令和5年度文化財保護防火訓練 放水訓練の様子

令和6年1月31日(水曜日)、曼陀羅寺で令和5年度文化財保護防火訓練が行われました。

昭和24年1月26日に、国宝の法隆寺金堂の壁画が焼損したことがきっかけで、国は毎年1月26日を「文化財防火デー」と定め、この日を中心に全国的に文化財防火運動を展開しています。

江南市では、重要文化財の正堂・書院をはじめ多数の文化財が所蔵されている曼陀羅寺境内で訓練が実施されました。

訓練では、寺院関係者や地域住民の方々が、消火器や消火栓ホースの取り扱い訓練を行った後、通報訓練や重要物品の搬出、放水銃や消防車による放水訓練など、実際の火災を想定した訓練が行われました。

このページに関するお問い合わせ

企画部 地方創生推進課
〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90
電話:0587-54-1111 ファクス:0587-54-0800
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。