セルフメディケーションの推進について

ページID 1010360  更新日 令和3年9月30日

印刷大きな文字で印刷

平均寿命が長くなり、生活習慣病が問題になってきた現代において、日々をいかに健康に生きるかが重要になってきます。そこで注目されているのが「セルフメディケーション」です。
セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と世界保健機関(WHO)は定義しています。

セルフメディケーションの効果

1.毎日の健康管理の習慣が身につく

2.医療や薬の知識が身につく

3.疾患により、医療機関で受診する機会が減少する

4.通院が減ることで、国民全体の医療費の増加が抑制される

セルフメディケーションの取組方法

・適度な運動をする

・十分な睡眠をとる

・バランスの取れた食事を心がける

・健康診断を受診する

・OTC医薬品(薬局やドラッグストアで処方箋なしに購入できる医薬品)を上手に活用する

セルフメディケーション税制の活用

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)については、以下をご参照ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 保険年金課
〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90
電話:0587-54-1111 ファクス:0587-56-5515
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。