江南市国民健康保険の現状と財政状況

ページID 1007926  更新日 令和3年10月21日

印刷大きな文字で印刷

1.被保険者数の推移

 被保険者数は、後期高齢者医療制度への移行者の増加、社会保険の適用拡大などの理由により、年々減少を続けています。
 また、0歳から74歳までの年齢構成は、【0歳~19歳】及び【20歳~39歳】の割合が減少し、反対に【65歳~74歳】の割合が増加しており、高齢者の占める割合が増加しています。

図1 年度末における被保険者数の推移

図2 年度末における被保険者の年齢構成の推移

2.一人あたり保険給付費の増加

 保険給付費(医療費のうち保険者が負担する費用、出産育児一時金、葬祭費など)の総額は、被保険者の減少により減少しています。
 しかし、保険給付費の総額を被保険者数(各年度の平均被保険者数)で割って算出した、一人あたり保険給付費(被保険者一人に対して1年間に要する保険給付費)は、被保険者の高齢化や医療技術の高度化などにより、年々増加しています。

図3 保険給付費(決算額)の推移

図4 一人あたり保険給付費(決算額)の推移

3.財政状況(令和2年度決算)

 歳入のうち、約8割を県支出金と繰入金が占めており、残りを国民健康保険税などで賄っています。また、歳出は、約7割を保険給付費が占めています。

図5 令和2年度決算状況

 江南市は、被保険者の負担を抑えるため、基金の取り崩しや一般会計からの繰入れを行ってきました。
 しかし、一人あたりの保険給付費が年々上昇を続ける中で、基金は減少し、一般会計からの繰入金は県から削減・解消が求められているため、厳しい財政状況となっています。
 

表1 令和2年度の決算状況における一般会計繰入金及び基金繰入金の状況

図2 令和2年度末基金状況

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 保険年金課
〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90
電話:0587-54-1111 ファクス:0587-56-5515
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。