窓口負担割合などのご相談窓口について

ページID 1014433  更新日 令和5年10月31日

印刷大きな文字で印刷

医療費の窓口負担割合は、年齢に応じて6歳までは2割負担、69歳までは3割負担、70歳から74歳までは原則2割負担となっています。

ただし、所得状況などによってこの割合が変更となる場合があり、例えば70歳から74歳のうち、現役並み所得者の窓口負担割合は3割とされています。

また、医療費の自己負担額が高額となる場合、窓口負担は年齢や所得区分に応じた限度額適用区分に基づく金額が上限となります。

医療機関などの受診時には、これらの窓口負担割合や限度額適用区分に応じて、医療費をお支払いいただくことになりますが、この請求額について窓口負担割合などが誤っているのではないかと疑問に思われた場合(※)は、保険年金課 国民健康保険グループにお問い合わせください。

※お持ちの高齢受給者証や限度額適用認定証と異なる窓口負担割合で請求された場合など

なお、70歳から74歳の所得要件および自己負担限度額の所得要件などは以下のリンクの「国保のしおり」の2,6,7ページをご覧ください。

関連情報

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 保険年金課
〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90
電話:0587-54-1111 ファクス:0587-56-5515
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。