地域包括ケア

ページ番号1007048 

印刷大きな文字で印刷

地域包括ケアシステムとは

江南市では、団塊の世代が75歳以上となる2025年を見据え、高齢者が重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう「地域包括ケアシステム」の深化・推進に取り組んでいます。

地域包括ケアシステムでは、「医療」「介護」「予防」「住まい」「生活支援サービス」という5つの構成要素と「自助」「互助」「共助」「公助」という視点から、地域での包括的な支援・サービス提供を目指していきます。

「自助」・・・自分でできること(例えば、介護予防)
「互助」・・・住民同士の助け合いでできること(例えば、見守り)
「共助」・・・制度化された支え合いの仕組みでできること(例えば、介護保険サービス)
「公助」・・・行政などが行う公的サービス(例えば、相談支援)

地域包括ケアシステムのイメージ