第3次江南市子ども読書活動推進計画を策定しました

ページ番号1007100  更新日 令和2年4月7日

印刷大きな文字で印刷

市では、平成27年4月に子どもの読書活動の基本的な方向と、施策を推進するための指針となる「第2次江南市子ども読書活動推進計画(計画期間:平成27年度~31年度)を策定しました。
引き続き、子どもの充実した読書環境と読書機会を得るため、「第3次江南市子ども読書活動推進計画(計画期間:令和2年度~令和6年度)」を策定しました。
計画の概要は下記のとおりです。

策定の背景

子どもにとって読書活動は、言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、創造力を豊かなものにし、人生をより深く生きる力を身に付けるうえで、欠かすことのできない重要な活動です。そのために、子どもたちが幼い時より自然に読書に慣れ親しむことができるよう、社会全体でその推進を図っていくことが求められています。

こうした状況の中、子どもの読書習慣の形成には、幼児期からの発達段階に応じた読書活動への働きかけが大切となります。子どもたちが自然に読書に慣れ親しむことができる環境づくりのため、国及び県の計画内容や、平成31年3月に策定しました「江南市図書館基本計画」との整合性を図りながら、現行計画の課題に対応し、本計画を策定するものです。

計画の目的

次世代を担う心豊かな子どもの育成を目指し、家庭、地域、学校、その他関係機関が一体となり、子どもの充実した読書環境と読書機会を得ることを目的に、国及び愛知県の計画や江南市図書館基本計画を踏まえ、現行計画における成果と課題を把握し、これからの子ども読書活動の基本的な方向と、施策を推進するための指針とします。

計画の基本方針

この計画の目的を達成するため、次の3つを基本方針とします。

  1. 家庭・地域・学校など、社会全体での読書活動の推進
  2. 読書に親しむ環境の整備・充実
  3. 読書活動に関する理解と関心の普及・啓発

計画の構成

計画の基本方針に従い、本市の実情を踏まえた読書活動の推進を図るため以下の5つの基本目標を掲げ、その目標を達成するための取り組みを示します。

基本目標1:家庭・地域における子どもの読書活動の推進

基本目標2:学校などにおける子どもの読書活動の推進

基本目標3:市図書館における子どもの読書活動の推進

基本目標4:子どもの読書活動に関する理解と関心の普及・啓発

基本目標5:子どもの読書活動推進体制の整備

計画の策定体制

子どもの読書活動の推進に関係する部課、機関及び市民から公募した委員で構成された策定委員会と、子どもの読書活動の推進に関係する部課及び関係機関の委員で構成されたワーキンググループ委員会を開催し、策定しました。
また、市民参画としてパブリックコメントを実施しました。

江南市子どもの読書に関するアンケート調査について

子どもの読書活動の現状を把握するとともに、子どもの読書活動に影響を与える要因を明らかにすることにより、本市の第3次江南市子ども読書活動推進計画の策定に資することを目的に、市内全保育園の年長児保護者と小学校2・5年生(各校1クラス)、中学校2年生(各校1~3クラス)の児童・生徒及び市内高校2年生を対象にアンケート調査を行いました。1,712人に用紙を配布し、1,544人の回答を得ました。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

教育部 生涯学習課
〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90
電話:0587-54-1111 ファクス:0587-56-5517
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。