市の省エネ・節電の取組み

ページ番号1003205  更新日 令和2年1月17日

印刷大きな文字で印刷

市では、日頃から「緑のカーテン」や「昼休みの消灯」などを実施し、省エネ・節電に取組んできました。東日本大震災後、中部電力浜岡原子力発電所の運転が全面停止されたことにより、節電が求められているため、公共施設の照明を間引きするなど取組みを拡大し、更なる省エネ・節電に努めております。
市が実施している省エネ・節電の取組みを紹介しますが、市民の皆さんも参考にしていただき、節電に努めていただきますようお願いします。

写真
市役所の「緑のカーテン」
市の省エネ・節電の取組みについて
項目 具体的な取組み
1.冷房機器・空調設備
  • 冷房温度は28度以上
  • 冷房時間は業務開始時刻の直前
  • 会議室未使用時には電源オフ
2.照明機器
  • ロビー、廊下、事務室の照明の間引き
  • こまめな消灯
  • 昼休みの消灯
  • 晴天時はトイレ、廊下、階段を消灯
  • 残業時は最小限の照明
3.OA機器
  • 長時間使用しない時は電源オフ
  • 休日前にはコンセントを抜く
4.公用車等
  • 出張時には公共交通機関を利用
  • 近距離については自転車を利用
  • エコドライブの実践
  • ノーカーデーの徹底
5.その他
  • クールビズの実施
  • エレベーターの利用を自粛
  • 自動ドアの利用を自粛
  • 緑のカーテンの実施

このページに関するお問い合わせ

経済環境部 環境課
〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90
電話:0587-54-1111 ファクス:0587-56-5516
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。