弾道ミサイル落下時の行動について

ページ番号1004390  更新日 令和2年1月31日

印刷大きな文字で印刷

昨今の情勢を踏まえると、近隣諸国において弾道ミサイルが発射され、日本に落下する可能性もあります。
弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、国からの緊急情報が全国瞬時警報システム(Jアラート)等を活用し、テレビ、ラジオ、緊急速報メールなどを通じて直接市民の皆様に伝わります。

緊急情報が流れたら

屋外にいる場合

近くの建物(できればコンクリート造り等頑丈な建物)の中などに避難してください。

近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せて頭部を守ってください。

屋内にいる場合

できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 防災安全課
〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90
電話:0587-54-1111 ファクス:0587-54-1411
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。