消防車の緊急出動時のサイレンについて

ページ番号1001840  更新日 令和2年1月14日

印刷大きな文字で印刷

 現在、意識がない、呼吸困難、あるいは冷汗を伴う胸痛などの重篤な急病や傷病者の方が3階以上にいる場合には、「消防車」と「救急車」の2台が緊急出動する救急支援(消防車Pumperと救急車Ambulanceが出動する「PA」連携)を実施しております。
これは、マンパワーを活用して、迅速かつ安全に救急活動を行うことで、救護処置の時間短縮や救命率のアップを目指した活動を行っているものです。
こうした中で、高齢化社会の進展などに伴い、PA連携により消防車が「ウーウー音」のサイレンを吹鳴して緊急出動する件数は、平成23年中の救急出動3,809件のうち、916件と全体の24%を占めている状況にあり、市民の皆様から、出動内容が分かりづらいとの意見も多く寄せられています。
こうしたことから、無用な混乱を避けるために、平成24年4月1日から、救急支援に出動する際の消防車は、救急車と同じサイレン「ピーポー音」に変更いたしますので、ご理解をお願いします。

火災時

サイレン「ウー」+警鐘「カンカンカン」を鳴らします。

火災以外(救助・警戒)の出動時

サイレン「ウー・ウー」を鳴らします。

PA連携時の消防車

サイレン「ピーポー音」を鳴らします。

※火災以外とは、救急支援、救助、ガス漏れ警戒等のことです。

消防活動に対する市民の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

このページに関するお問い合わせ

消防本部 消防署
〒483-8221 愛知県江南市赤童子町大堀70
電話:0587-55-2258 ファクス:0587-53-0119
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。