水質について

ページID 1003556 

印刷大きな文字で印刷

水質基準

水道法では安心で安全な水道水が供給できるように、水道水の水質基準が定められています。
この水質基準は常に最新の検査項目と、その水質基準により水道水質の管理を行っています。

江南市では水質検査計画及び結果を情報公開しております。
これらについては、下般若配水場、市役所西分庁舎、図書館及び市役所の各支所でご覧いただけます。

検査計画

検査結果

テトラクロロエチレンの検出について

後飛保配水場へ送水している後飛保第5、6号取水井は、テトラクロロエチレンによる地下水汚染が確認されたため、取水を停止しています。
後飛保配水場から配水している一般家庭等の給水栓水の水質検査結果は正常であり、水道水が安全であることは確認済みです。
後飛保第5、6号取水井の水質状況については継続して観察していますが、安全性が確認されるまで使用しません。

その他の水質

放射性物質は、文部科学省の委託により愛知県が名古屋市北区にある愛知県環境調査センター内の蛇口で木曽川の原水と水道水を測定し、また、愛知県は犬山浄水場を含む県内の浄水場の水道水においても測定しています。
これらの測定結果から、地下水と、犬山浄水場を経て供給されている水からなる江南市の水道水は、安全であると考えております。

愛知県環境調査センターの検査結果

県内浄水場の検査結果