令和2年度江南市横田教育文化事業弁論大会

ページ番号1005840  更新日 令和2年11月18日

印刷大きな文字で印刷

入賞者全体写真

 江南市では、教育文化の振興を図るため、名誉市民で文化勲章を受賞された、故横田喜三郎氏の意向に基づき、この事業を実施しています。

 今年も中学生、高校生の向学心の高揚と豊かな人格形成を図ることを目的に「将来の夢」と題して作文を募集したところ、中学生の部に874点、高校生の部に532点の作文が寄せられました。その中の優秀作文による弁論大会を、新型コロナウイルス感染症対策として学校関係者と保護者のみに来場者を限定した中で、令和2年11月8日(日曜日)Home&nicoホール(市民文化会館)小ホールにて開催しました。

 どの生徒も現実を直視したうえで、自分の将来の夢に想いをはせ、「夢」への現実のため具体的な目標の設定と決意にあふれた、会場の一人ひとりの心に響く、力強い発表でした。論旨、論調・態度について審査され、次の皆さんが入賞されましたので紹介します。

中学生の部(敬称略)

最優秀賞
水谷 優里(古知野中)
優秀賞
堀 藍里(北部中)、小渕 夏姫(宮田中)、森川 実衣花(北部中)
優良賞
牧 かんな(古知野中)、豊田 菱介(滝中)、岩田 拓士(西部中)、小栗 璃子(西部中)、恒川 結菜(布袋中)、増村 紗英(宮田中)、須賀 結貴(滝中)、古川 ひかり(布袋中)
 

高校生の部(敬称略)

最優秀賞
大島 美優(古知野高)
優秀賞
横井 一葉(江南高)、柘植 風花(滝高)
優良賞
三輪 風吹(尾北高)、神田 美紗希(滝高)、張能 あゆみ(古知野高)、井上 拓海(江南高)、南野 のぞみ(尾北高)
 

最優秀賞作文の紹介

最優秀賞

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

教育部 教育課
〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90
電話:0587-54-1111 ファクス:0587-56-5517
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。