水道課

水を大切に
HOME > 各課のページ > 水道課 > 凍結にご注意ください

凍結にご注意ください

冬の冷え込みが厳しいとき(目安として外気温がマイナス3℃以下)では、水道管や水道メーター内の水が凍ったり、水道管が破損することがあります。
対策をほどこし、水道管や蛇口を寒さから守りましょう。水道管が凍結すると、水が出なくなるだけでなく、破損事故の修理に高い費用がかかってしまいます。

凍結を防ぐには・・・

露出している水道管や蛇口に布や毛布を巻き、その上にビニールテープを巻きつけ防寒します。
ただし、布が濡れますと、効果がなくなりますのでご注意ください。
また、蛇口を少し開けて、水をチョロチョロと出しておくと凍結しにくくなります。(出した水はバケツなどに溜めて、洗濯などにご利用ください。)

凍結してしまったら・・・

あわてて蛇口や水道管に熱湯をかけると、破損してしまうことがあります。気温の上昇を待つか、タオルなどをかぶせた上からぬるま湯を少しずつかけて解凍してください。

水道管が破損してしまったら・・・

まず、止水栓を閉めるか、破損しているところに布やテープを巻きつけるなどの応急処置をしてから市指定給水装置工事事業者にご連絡ください。