特別職の給料減額について

ページ番号1007267  更新日 令和2年5月21日

印刷大きな文字で印刷

特別職の給料減額について

減額の経緯

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、市民の皆様への外出自粛要請や、市内事業者の皆様への営業自粛要請による深刻な影響などを踏まえ、国や県と連携しながら必要な対策を講じることで、こうした難局を乗り越えるため、市長、副市長及び教育長の給料を減額します。

※ 令和2年5月12日時点において副市長は不在となっていますが、条例上定められた額を減額するものです。

減額の内容

減額の期間 令和2年6月1日から令和3年3月31日まで(10か月間)

減額の割合

  • 市長 20%(給料月額を961,000円から768,800円に減額)
  • 副市長 10%(給料月額を816,000円から734,400円に減額)
  • 教育長 10%(給料月額を727,000円から654,300円に減額)

減額による影響額

  減額前の給料月額(A) 減額後の給料月額(B)

全体の影響額 

((B)-(A))×10か月

市長 961,000円 768,800円 △1,922,000円
副市長 816,000円 734,400円 △816,000円
教育長 727,000円 654,300円 △727,000円
合計 △3,465,000円

 

減額に関する手続き

今回の給料減額に関する条例案は、令和2年5月臨時会において提案し、可決されました。

  • 江南市特別職に属する職員の給与等に関する条例の特例を定める条例
  • 江南市教育長の給与その他の勤務条件等に関する条例の特例を定める条例

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書政策課
〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90
電話:0587-54-1111 ファクス:0587-54-0800
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。