市民・協働ステーションの利用条件

ページID 1005019  更新日 令和4年11月25日

印刷大きな文字で印刷

営利、宗教、政治、選挙、公益を害するおそれのあるものを除いて、江南市をよくする活動のためなら誰でも利用することができます。作業コーナーの機器、会議室等(ステーションの使い方参照)を利用できるのは、次の5つの要件を全て満たした市民活動団体等及び区、町内会等とします。市民活動団体等は「活動団体登録票(様式第1)」を提出し、利用登録を行う必要があります。

  1. 団体:団体としての名称及び意思決定のルールがあり、複数(5名以上)の構成員がいる。
  2. 非営利:剰余利益を関係者で分配せず、営利を目的としない活動を行う。
  3. 自主性:他の団体に従属せず、自らの意思で主体的に活動を行う。
  4. 公益性:不特定多数の利益の増進に寄与することを目的とした活動を行う。
    • 参加したい人に対して開かれている。
  5. 属市域性:主に江南市の地域で活動を行う。
    • 市内に事業所又は活動の拠点となる施設がある、又は事業計画等において江南市内を主な活動地域としている。

※区・町内会等は登録不要です。
※江南市が発行する「NPO・ボランティアガイド」に掲載されている市民活動団体は、再登録は不要です。

注意

地震・風水害等の大規模な災害が発生した場合、被災者救済のために、「災害ボランティアセンター」が市役所西分庁舎内に設置される場合があります。
この場合、市民・協働ステーション(多目的活動室)の利用申請(予約を含む)をされていても、その利用をお断りすることになりますのであらかじめご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

企画部 地方創生推進課
〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90
電話:0587-54-1111 ファクス:0587-54-0800
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。