高収益作物次期作支援交付金について

ページID 1007590  更新日 令和2年11月12日

印刷大きな文字で印刷

高収益作物次期作支援交付金の運用見直しに伴う追加措置等について

令和2年10月30日付 運用見直しに伴う追加措置

「高収益作物次期作支援交付金の運用の見直しについて(令和2年10月12日生産局長通知)」による運用見直しに関し、この運用見直し以前に、本交付金を見込んで、機械や資材に既に投資を行うなど、コロナ禍にあっても積極的な取組を行った生産者の経営に影響が生じ、取組の継続が出来なくなることがないよう、今般、本交付金において、追加の支援措置を講じることになりました。

本交付金は国の交付金であり、要綱・要領などの改正により交付金の内容や交付要件が変更となる場合があります。

高収益作物次期作支援交付金の運用見直しについて

令和2年10月12日付け 運用見直し

新型コロナウイルスの影響を受けた生産者を支援するという本事業の趣旨から、国による全面的な事業運用の見直しが発表されました。農水省は当初、交付金の対象者を「今年2~4月に野菜、花き、果樹、茶の出荷実績があるか、廃棄して出荷できなかった農家」とし、減収額の確認などはせずに募集をしてきました。しかし、10月12日に運用の見直しが発表され、品目ごとの減収額や作付面積などを追加で申告するよう求められています。今回の運用見直しはすでに交付金申請書を提出された方にも適用されます。今後追加の手続きが必要になる場合はご案内いたします。

1.品目の細分化

運用見直し前は野菜・花き・果樹・茶の4品目でしたが、今回の運用見直しにより交付対象ほ場(面積)や交付金額の計算に用いる品目が細分化されることになりました。
品目の分け方は国による例示であり、添付ファイルに記載されていない品目も野菜・果樹・花き・茶であれば交付金の対象となります。

【運用見直しによる品目の細分化の例】

見直し前 見直し後
野菜 キャベツ、たまねぎ、ばれいしょ、にんじん、だいこん、なす、大葉、わさび、みつば、わけぎ、パセリ など
花き 切り花(輪ギク)、バラ、梅干し、干し柿 など
果樹 うんしゅうみかん、ぶどう、マンゴー、おうとう、ゆず、すだち、かぼす、びわ、ブルーベリー など

 

2.交付金額の上限の設定

対象期間中(令和2年2月から4月の間)に出荷実績があるまたは廃棄などにより出荷できなかった品目(上記の細分化された品目)のうち、出荷期間(令和2年2月以降の出荷月から売上げが確認できる直近月までの間)を通じた売上げが、前年の同期間より減少した品目ごとの減収幅の合計が交付金額の上限になりました。そのため、減収がない方は交付金の申請ができません

・野菜価格安定制度による補給金が交付されている場合は、当該品目について交付される補給金を今年度および前年度の売上げに加えます。
・前年に災害の被害を受けたなど特別な事情がある場合は、前々年などの売上げと比較することができます。
・規模拡大(または縮小)した場合は、前年の売上げに規模拡大(または縮小)率を乗じて前年の売上げを算定します。
・新規就農などにより前年の売上げがない場合は、青年等就農計画の売上目標額などを前年の売上相当額とみなすことができます。

3.交付対象ほ場(面積)の変更

対象期間中(令和2年2月から4月の間)に出荷実績があるまたは廃棄などにより出荷できなかった品目(上記の細分化された品目)のうち、出荷期間(令和2年2月以降の出荷月から売上げが確認できる直近月までの間)を通じた売上げが、前年の同期間より減少した品目ごとの作付面積の範囲が交付対象ほ場(面積)になりました。なお、運用変更前の次期作の作付面積が、経営規模縮小などにより上記の作付面積より減少する場合は、運用変更前の次期作の作付け面積が交付対象ほ場(面積)となります。

事業実施主体

江南市農業再生協議会

事務局 江南市古知野町熱田72番地(愛知北農協江南支店内)

このページに関するお問い合わせ

経済環境部 農政課
〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90
電話:0587-54-1111 ファクス:0587-56-5516
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。