こうなんキッズ

 

使った水はどこへいくの?

使った水は・・・

わたしたちは、日常の生活や社会のなかで、たくさんの水を使っています。
ここで使われた水をそのまま流し続けると、川や海はよごれ、生活環境が悪くなっていくばかりです。

下水道ができると・・・

家などから出されるよごれた水(食器を洗った水、お風呂の湯、洗濯の水など)は、道路の中にうめられた下水道管をとおって岩倉市にある処理場へ運ばれます。集められたよごれた水は、ここできれいにされ川に放流されます。
下水道は、よごれた水をきれいな水へよみがえらせ、健康で快適なくらしをしていくために、なくてはならない大切な施設です。

江南市型グラウンドマンホール蓋の画像


さわやかな生活ができます

トイレもくみ取りや浄化槽処理でなく、風呂などの生活排水といっしょに下水道へ流すため、環境もよくなり、毎日快適で衛生的な生活ができます。

お風呂、トイレのイメージイラスト

生活環境がよくなります

下水道ができると、街はきれいに整備されいやな臭いもなくなり、ハエや蚊などの発生もすくなくなります。

公園のイメージイラスト

川や海がきれいになります

きたない水が川や海に直接ながれこまなくなって、きれいな自然の水をとりもどせます。魚や小鳥のすむ、豊かな自然がまもれます。

川のイメージイラスト

下水道を大切に

  1. 台所から、なまごみや天ぷら油などは流さないようにしましょう。
  2. トイレでは、トイレットペーパーしか流さないようにしましょう。ティッシュペーパーや新聞紙などは水に溶けないのでつまりの原因になります。
  3. 洗濯の洗剤はただしい量をはかって使いましょう。

台所のイメージイラスト洗濯のイメージイラスト

下水道を使える区域はこちら(PDF 749KB)