江南市 だれもが主役、みんなで築く、みんなの郷土

サイト内検索  Powered by Google
HOME くらしの情報 まなぶ・あそぶ 行政情報 施設ガイド 各課のページ グローバルメニューここまで
 

江南市保健センター

 

健康コラム

階段を使って身体を動かそう 〜階段利用キャンペーン実施中〜

毎日どれぐらい運動をしている?

適度な運動は健康な生活に欠かせないことは分かっていても、運動が苦手、時間がない、続かないという人は少なくありません。
時間を問わず簡単に取り組める運動が「階段の昇り降り」です。階段はどこにでもあります。
階段昇降の消費カロリーは、平地でのウォーキングの約2倍です。
忙しくて、わざわざ運動する時間がとれない人でも、通勤や通学、買い物などの機会に、身近にある階段を積極的に利用することで日々の運動量を増やすことができます。

階段利用の効果

階段の昇り降りにより

  • 足腰が鍛えられ転びにくい身体をつくることができる
  • 足の大きな筋肉(大腿四頭筋)を使うので基礎代謝があがる
  • 昇り降りの際に歯を食いしばるので噛むちから、飲み込むちからが向上する

などの効果があります。 1日トータルで10〜15分階段を昇り降りすると、同じ時間程度のジョギングと同じ効果があるといわれています。

階段昇り降りのポイント

階段を昇り降りする際には、

  • 弾みをつけずにゆっくりと
  • 深く呼吸しながら。「イチ、ニ・・・」と声をかけながら行う
  • 背筋を伸ばす

と、より効果的です。 ひざが痛む、疲れやすい、高齢の方は手すりを持ちながらゆっくりと行っても効果があります。 決して無理をしないことが大切です。


江南市では、平成28年10月から市役所で階段利用キャンペーンを実施しています。

平成23年度の市の調査では、運動習慣のある人は16〜64歳の男性で21.0%、女性で17.3%、65歳以上の男性で40.0%、女性で29.4%でした。 第2次健康日本21こうなん計画では、運動習慣のある人の増加を目標として挙げています。

階段利用キャンペーン

【問合せ】保健センター(電話0587-56-4111)

休養の大切さを知り、理解しよう〜睡眠による休養をとろう!〜

睡眠には、心身の疲労を回復する働きがあります。
睡眠が量的に不足したり、質的に悪化したりすると健康上の問題や生活への支障が生じてきます。
また、睡眠の質の悪化は、生活習慣病発症のリスクにつながることがわかっています。
良好な睡眠を保つためには、昼間にどのような過ごし方をするかということが重要になります。
一日の中では寝ている時間よりも起きている時間の方がはるかに長いのです。
快眠のポイントを参考に、自分の睡眠を見直してみましょう。



<快眠のポイント>

  • 太陽の光を浴びて体内時計をスイッチオン
  • 昼寝をするなら、15時までに、30分以内で
  • 軽い運動を午後から寝る2時間前までに
  • 空腹や満腹、飲みすぎをさける
  • 睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと
  • 就床時刻にこだわらない、眠たくなってから床につく

※江南市ではこんな目標を掲げています『睡眠による休養が十分にとれていない人の減少』
小学6年生 20%以下(H23現状値22.1%)
中学3年生 43%以下(H23現状値47.5%)
一般成人  29%以下(H23現状値36.5%)

ストップ自殺 こころの健康づくり

国は「自殺総合対策大綱〜誰も自殺に追い込まれることの無い社会の実現を目指して〜」を自殺対策の指針として定めています。しかし、自殺者の数は警察庁の自殺者数統計では10年以上3万人前後を推移しています。

年代別では、40歳代の割合が高く、次いで50から60歳代となっています。男女比は男性が女性の2倍以上の割合となっています。
自殺の原因は、健康問題が各年代でトップを占めており、若い年代ではうつ病をはじめとする精神的な病気の悩みが大きな割合を占め、70歳代以上では身体的な病気の悩みが多くなっています。
このように、若い年代で精神的な病気の悩みが原因での自殺が多くを占める状況でありながら、うつ病の人の4人に3人は医療機関を受診していないのが実態です。うつ病と気づかずに治療を受けない人が多いのです。

うつのサイン

「うつ」は自分では気づきにくいこともあります。
○だるくて意欲がわかない  
○くよくよ考え込んでしまう
○何をするのも面倒    
○集中力がなくなってきた
○食欲が出ない       
○ぐっすり眠れない
このような症状が2週間以上続いていませんか?

ご家族や会社の方など、身近な方が気づく場合もあります。
「うつ」かもしれない・・・と気づいたら、できるだけ早く専門機関に相談、受診しましょう。

ストレスをコントロールする

からだが疲れるとかぜなどの病気がおこるように、こころに疲労がたまればこころにも不調が現れるのは当然です。ストレスをコントロールしてこころの疲労をためないようにしましょう。
○よく眠ろう
○よく遊び、よく動こう
○よく食べよう
○お風呂はゆったりと   
ときには何もしない時間をつくることも必要です。ぼーっとしてみましょう。

乳がんの自己検診法

乳がんは日本の女性のがん死亡原因の1位を占めており、年々増えてきています。
乳がんを予防する方法はありませんが、早期に発見できればほぼ治療できるものです。

早期発見のためには、マンモグラフィ(エックス線撮影法)超音波法等の画像診断があり、乳がんの2割は検診で発見されますが、残りの8割は自己検診で発見されています。 定期的に自己検診をする事で早期発見の可能性が高まります。

自己検診の方法

自己触診は、入浴等の皮膚が濡れている時が確認しやすく、鎖骨からわきの下・乳房・乳房の下までを反対側の指の腹で軽く押すようにします。しこりや硬い場所がないかを確認しましょう。
また、鏡の前で腕を上げ下げし、乳房の輪郭の変化・湿疹・くぼみがないか、乳頭をつまんで血液が混じった分泌液が出てこないか等をチェックしましょう。
保健センターでは、乳がんの検診時に自己検診の方法をお伝えしています。自己検診は実施する時期に決まりはありませんので、普段の自己検診と画像診断の検診を定期的に受けましょう。

乳がんの早期発見のために検診を受けよう

12人に1人がかかる乳がん

乳がんは乳房の中にある乳腺(乳管・小葉)に発生します。初期のうちは、痛み等の自覚症状はほとんどありません。日本では乳がんにかかる女性が増えており、30歳代から増加し始め、40歳代後半から50歳代前半にピークを迎えています。

自己検診を習慣にしましょう!

乳がんは他のがんと違い、自分で発見することが可能です。そのために、月1回の自己検診を習慣づけることが大切です。
自己検診では、鎖骨からわきの下・乳房全体・乳房の下までを乳房と反対の手の指の腹で軽く押すように触り、しこりがないか確認をします。
また、鏡の前で腕を上げた状態、下げた状態で、乳房の輪郭の変化、くぼみ、ただれ等がないか、乳頭をつまんで血液などが混じった分泌液が出てこないか等をチェックしましょう。

早期発見のために、定期的に検診を受けましょう!

【超音波法】
乳房に超音波をあてて、内部からの反射波を画像にして、異常の有無を検査します。超音波検査は、乳腺の濃度に影響を受けないため、乳腺が密な若い人に適しているといえます。江南市では、30〜39歳の方を対象に実施しています。

【マンモグラフィ法】
乳房のX線検査のことです。専用の撮影装置を使い、乳房をプラスチック板で挟み、撮影します。江南市では、40歳以上の方を対象に実施しています。
しこり等自覚症状がある場合は、検診を待たず速やかに乳腺外科がある医療機関で診察を受けましょう。

乳がん検診は、保健センター、江南厚生病院で実施されています。
※平成27年度の市の乳がん検診受診率は、超音波法が20.9%、マンモグラフィ法が7.9%でした。市では第2次健康日本21こうなん計画により、超音波法の受診率20%以上、マンモグラフィ法の受診率30%以上を目指しています。超音波法の受診率は20%を超えましたが、引き続き受診率の向上を目指していきます。
【問合せ】 保健センター(電話:0587-56−4111)

自己検診で守る、あなたの大切な身体

日本の乳がんの現状

女性の11人に1人は乳がんになる時代です。女性のがんの罹患率の中では乳がんが第1位で、死亡率も上昇しています。年齢層では、ピークが45歳で若い人にも多いという特徴があります。早期の乳がんは、5年生存率は95%で比較的予後が良いのも特徴です

自己検診の方法

自己検診は、自分で乳房に見て触れてチェックする方法です。
日頃から自己検診をしている方は、1cmくらいの小さなしこりにも気づけるようになります。

【いつするか】
月経1週間後、閉経後の方は決めた日に、月1回以上行います。

【方法】
(1)見る:「くぼみ・ふくらみ」、「ただれ・変色」、「ひきつれ」はありませんか?
鏡の前に立ち、腕を下した状態と、頭の後ろで手を組んだ状態で、皮膚の色や形などを見ます。
(2)触る:「しこり」はありませんか?
指を4本揃えて、反対側の乳房の表面に「の」の字を書くように、指先でなでて、しこりやこぶがないかを調べます。わきの下も忘れずに触ります。
頭の後ろに腕を挙げた状態でも触ります。 胸の大きい方は、仰向けに寝て、背中の下にタオルや枕を入れ、行うと良いです。
(3)つまむ:指で乳頭をつまみます。分泌物は出ませんか?

【しこり】
乳がんのしこりは、硬く、形もしこりと周りの境界線があいまいで、指で押しても動かないという特徴があります。しかし、しこりかどうか、あいまいで分かりにくいものです。自己検診を続けて、いつもと違う様子がないかをみてください。
また、しこりにならないタイプの乳がんもありますので、おかしいなと思ったら、乳腺外科で受診をしましょう。

あなたの大切な身体を守るため、自己検診と合わせて、乳がん検診の受診をお勧めします。
市では乳がん検診を行っています。 40歳以上の方は、マンモグラフィ法を2年に1回、30〜39歳の方は、超音波法を1年に1回、受診していただけます。 市では第2次健康日本21こうなん計画により、乳がん検診のマンモグラフィ法は30%以上、超音波法は20%以上の受診率を目指しています。

【問合せ】 保健センター(電話:0587-56−4111)

たばことお酒のこと、もう一度見直そう!

たばこや多量の飲酒は、健康上よくないことは、知っている方がほとんどです。しかし、最近は大人だけでなく、未成年の時期からたばこや飲酒をしてしまう子が増えています。
未成年からのたばこ・飲酒は、大人と比べ悪い影響を強く受けます。体の細胞が傷つきやすく、身長が伸びない等の体の成長を妨げたり、依存性が高くなり、やめられなくなってしまいます。たばこや飲酒をするきっかけとしては、「かっこいい」・「友だちも吸っている」の理由に加えて、「家族が吸っている・飲んでいるから」という大人による影響で始めてしまう現状があります。そのため、未成年の健康を守るためには、周囲にいる大人が気をつけていく必要があるのです。
また、大人であっても、たばこや多量の飲酒は、メタボリックシンドロームを引き起こし、動脈硬化やがん等に罹る率が高くなります。そのため、未成年の子ども達の健康を守ると同時に、大人自身も自分の健康のためにたばこや多量の飲酒をやめるように心がけていきましょう!

知っているようで知らない たばこの害

たばこの害とは、煙に直接触れる口腔、喉頭、肺はもちろんのこと、唾液と共に飲み込んだタールが触れる食道や胃、有害物質を分解・排せつする肝臓、膵臓、膀胱なども、がんにかかりやすくなっています。
たばこを吸い続けると、肺気腫などの閉塞性肺疾患「COPD」を引き起こします。主な症状は慢性の咳、痰、体を動かした時に出現する息切れですが、早期に気づきにくいことが特徴です。重症になると、息苦しさのために日常生活ができなくなったり、風邪などをきっかけに急に症状が悪化します。さらに、食欲不振や体重減少など全身に症状が現れます。
また、たばこには、血圧を上昇させたり、悪玉コレステロールを増やす働きがあるため、動脈硬化を促進し、心臓病や脳血管疾患の原因となります。

吸わない人を襲うたばこの害

たばこを吸わない人が喫煙者のたばこの煙を吸ってしまうことを「受動喫煙」といいます。喫煙者が直接吸う「主流煙」より、たばこの先端の火のついた部分から出る「副流煙」に有害物質は高い濃度で含まれているため、たばこを吸わない人も受動喫煙による健康被害を受けます。例えば1日20本以上のたばこを吸う夫を持つ妻の肺がんにかかるリスクは、夫が吸わない場合と比べて2倍高まります。大切な人をたばこの害にさらさないため、喫煙場所と禁煙場所を分ける「分煙」に努めましょう。
空気清浄機ではほとんど効果がありません。ベランダなど屋外で吸っても衣服に煙が付着します。約30分は衣服に煙が残りますので、たばこの煙を屋内に持ち込まないようにしましょう。
職場では、喫煙室を設け、換気扇などの排気装置をつけるなどを行いましょう。

平成23年度の市の調査では、分煙対策等を行っていない家庭は8.6%、分煙対策等を行っていない職場は7.9%でした。
第2次健康日本21こうなん計画では、分煙対策等を行っていない家庭・職場の減少を目標として挙げており、家庭・職場内での分煙対策未実施0%を目指しています。
【問合せ】 保健センター(電話:0587-56−4111)

こどもの目

目の働き

目の構造は、すでに赤ちゃんの時にできあがりますが、大人と同じような目の働きができるようになるには、6歳頃までかかります。
6歳頃までに目を正しく十分に使うことで子どもの目は正常に働くようになります。

目の機能の成長

生まれたときは、明るい暗い程度の視機能で、大人で言うと「視力0.02〜0.05」ぐらいと言われており、色の明暗や色がはっきりしたものが分かる状態です。
見ることを続けるうちに、ぼんやり見える状態から誰であるかが分かり、笑っているなどの表情まで判別できるようになります。
1歳では、「視力0.2」前後になり、物の立体感や距離感が分かるようになってきます。
その後3歳半を過ぎると「視力0.7~1.0」に発達します。

目の成長途中では「見えづらい」という感覚が乏しいので、次のような行動があるときは、眼科医療機関を受診しましょう。


  • 物を近づけてみる。
  • 物を見るときに顔をしかめたり、目を細めて見る。
  • あごをひいたり、あげたりして見る。
  • じっと見ているときに、目が揺れている。
  • 黒目の中央が白っぽく見えることがある。

【問合せ】 保健センター(電話:0587-56−4111)

メタボリックシンドローム

みなさん「メタボリックシンドローム」という言葉をご存知ですか?
「以前はいていたズボンやスカートが入らなくなった」
「血糖値や血圧、中性脂肪、コレステロール値が気になる」 
など心当たりがありませんか?
メタボリックシンドロームとは、お腹まわりに脂肪がつく内臓脂肪型肥満に加えて、 高血糖、血圧高値、血中脂質高値といった生活習慣病の危険因子を合わせ持っている状態をいいます。
メタボリックシンドロームは、男女ともに40歳を境に大幅に増えていきます。
江南市の健康診査の結果では、受診者のうち7人に1人がメタボリックシンドロームと考えられています。

メタボリックシンドロームの診断基準

(1)腹囲 (おへその高さで測る)  男性85cm以上、 女性90cm以上
           
(2)血糖値   空腹時血糖 110mg/dl以上またはHbA1C (NGSP値)6.0%以上
(3)血圧     収縮期血圧 130mmHg以上 または 拡張期血圧 85mmHg以上
(4)血中脂質  中性脂肪 150mg/dl以上 または HDLコレステロール 40mg/dl未満

※糖尿病や脂質異常症、高血圧症などで薬の治療を受けている場合は、それぞれの項目にあてはまるものとします。
(1)に加え、(2)〜(4)のうち2つ以上当てはまるとメタボリックシンドロームです。
それぞれの値は軽度ですが、複数の項目が重なると、より身体への影響が増します。
なぜメタボリックシンドロームが怖いのかというと、全身の動脈を硬くさせ、最終的に脳梗塞や心筋梗塞など大きな病気につながりやすいからなのです。
ご自身のメタボリックシンドロームの危険度はどのくらいなのか、まずは健診結果などからチェックしてみましょう。

メタボリックシンドロームの予防と改善 〜肥満・体重チェック〜

メタボリックシンドロームに深く関係しているのは、内臓脂肪です。これは皮下脂肪と違って内臓の周りにつく脂肪で、過剰に蓄積されると代謝異常を引き起こします。内臓脂肪が多いのは、おなかが前に突き出ている「りんご型肥満」および「お腹ポッコリ隠れ肥満」の人です。「お腹ポッコリ隠れ肥満」のタイプは見た目がスリムな若い女性に多く、単に体重が多いということだけでは判断ができないので注意が必要です。

それではあなたの体型をチェックしてみましょう。

身長は?      cm

体重は?      kg

20歳の時の体重は?      kg

腹囲は?      cm

※腹囲の測り方 立って全身の力を抜き、軽く息を吐いた状態で、おへその高さで測りましょう。

肥満度(BMI)は?      

※BMIの出し方  BMI=体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)

それでは判定です。
  • 腹囲が男性なら85cm以上、女性なら90cm以上である
  • BMIが25以上である
  • 20歳のときから体重が10kg以上増加している
  • そもそも体重や腹囲を測る習慣がない

以上の4項目のうち、一つでもあてはまった方はメタボリックシンドローム、または予備軍になる危険性が極めて高いと言えます。運動や食生活など生活習慣の改善で体重を減らし、メタボリックシンドロームの根本原因である内臓脂肪を減らしましょう。次回は食生活改善の実際についてお話します。

メタボリックシンドロームの予防と改善 〜食生活〜

内臓脂肪の蓄積を核としたメタボリックシンドロームを改善するためには、まず、内臓脂肪を減らすことです。
基本は「過栄養」や「運動不足」といった生活習慣全般の見直しから始めましょう。

総エネルギーを取り過ぎない

体内で余ったエネルギーは、脂肪細胞に蓄えられます。つまり必要以上のエネルギーを取り続ければ、脂肪細胞はどんどん大きくなってしまいます。自分の適正エネルギー量を知り、食べ過ぎに注意しましょう。
・適正体重 =身長(メートル) ×身長(メートル) × 22
・あなたの適正エネルギー(Kcal) = あなたの適正体重(Kg) × あなたの活動指数(※)
※活動指数
・軽い仕事(デスクワークなど) 25から30
・中程度の仕事(立ち仕事、外まわりが多い仕事) 30から35
・重労働(力仕事が多い仕事) 35以上

朝食を取りましょう

朝食を抜くと栄養バランスを崩し、過食につながり、太りやすくなります。また、食事内容も大切で、主食、副菜、主菜をそろえてバランスよく食べましょう。

規則正しい生活を

不規則な生活習慣は、不規則な食生活をつくります。朝、昼、晩と規則的な食事をとることが大切です。

メタボリックシンドロームの予防と改善 〜運動編〜

みなさんは運動が好きですか?
運動といっても構える必要はありません。体を動かすことは、日常生活の中でもできます。まずはできることから始めてみましょう。
運動(体力の維持・向上を目的として計画的に実施するもの;ウォーキング、ジョギング、水泳など)だけでなく、生活活動(運動以外の活動;歩行、子どもと遊ぶ、階段昇降、重い荷物を運ぶ)も身体活動に含まれ、生活習慣病予防になると言われています。

体を動かすことでこんなにもいいことがあります。
  • エネルギーを消費して内臓脂肪を減らします
  • 血糖値が改善します
  • 筋肉の量が増えて基礎代謝が高まります。

このほかにも、血圧の改善、ストレス解消、疲れにくくなるなど、効果がいっぱいです。

肥満になりやすい人には、日常生活の過ごし方の中に、内臓脂肪の蓄積の原因があるため、工夫して生活活動量を増やしていきましょう。

暮らしの中でできること
  • 通勤のバス、電車はひと駅前で降りて歩く。
  • 買い物など外出はなるべく徒歩で。
  • エレベーターを使わず、階段を使用する。
  • 背筋を伸ばし、速歩で歩く

いつもの暮らしの延長で、できることからで良いのです。
日常生活の中で、意識して体を動かしてみましょう。

メタボリックシンドロームの予防と改善 たばことお酒

アルコールはつい飲みすぎてしまうだけでなく、夜遅くまでの飲食、食塩や脂質の多いつまみなどによってエネルギーオーバーになりがちです。適量を守り、つまみの食べすぎに注意しましょう。また週に2回は休肝日をつくり肝臓をいたわりましょう。

★アルコール 一日の適量をご存知ですか?

ビール 中ビン1本(500ml)  200kcal
日本酒 一合(180ml) 196kcal
ワイン グラス2杯(240ml) 175kcal
焼酎  2/3合(120ml) 175kcal
ウイスキー ダブル1杯    165kcal
※いずれかの内ひとつ分(女性は半分)です
たばこには、4000種類もの化学物質がふくまれ、そのうち約200種類が有害物質と言われています。喫煙はからだの血管を硬くし、メタボリックシンドロームを悪化させ、心臓病や脳卒中を招く要因となります。また、たばこを吸わない人も喫煙者が近くにいると、そのたばこの煙を吸ってしまうことで死亡率が上昇することが分かっています。喫煙は「百害あって一利なし」きっぱりやめましょう!

メタボリックシンドロームの予防 ストレス・休養編

メタボリックシンドロームの予防で意外と重要であるのが、精神面です。
自分にあったストレス対処法を見つけることでメタボリックシンドロームの予防ができます。
イライラしたり、嫌なことがある時、食べることで発散するタイプの人は特に注意が必要です。
ストレスによる「やけ食い」や「やけ酒」は内臓脂肪をためる原因です。食べること以外でのストレス解消法(趣味の時間を増やす、好きなスポーツをする、お風呂にゆっくり入る等)を見つけ、上手に対応しましょう。

また、睡眠は心とからだ両面の健康に重要な役割を果たしています。毎日質の良い睡眠をとり、体力を回復させていきいきとした生活を送りましょう。

メタボリックシンドロームの予防は、腹囲や体重の減少など数字の達成ばかりにとらわれていると、つまらなく長続きしません。生活を変えてのご自身の気持ちや感覚の変化、周囲の人からの反響など「やって良かった」と思う好ましい変化に注目し、自分らしい健康スタイルを築いていきましょう。

朝食をとろう!

栄養、食生活については、20歳代男性の朝食欠食の減少と、20歳代女性のやせの人の減少という項目に悪化がみられました。このことを機会に朝食の重要性についてもう一度見直してみませんか?

睡眠中は、生命を維持する機能以外は休息しています。朝、目覚めて朝食を食べると、脳の唯一の栄養源であるブドウ糖が脳に運ばれ、体を活動する体勢に整えます。目覚めの朝食を欠食してしまうと、体がだるい、やる気が起きないなどといった状態になってしまいます。

朝食を欠食するとつい昼食や夕食を食べ過ぎてしまったり、甘いものを間食してしまったりして知らず知らずのうちにエネルギーを過剰摂取してしまいます。空腹の時間が長くなるほど次に食物が入ったときに胃腸は消化吸収を盛んにします。朝食抜きは肥満のもととなります。

朝食をとる工夫

  • 夕食を少し軽く・・・夕食を少なめにすることによって「お腹がすいた」と感じられるようになります。
  • 夜食を食べない・・・寝る前に食べてしまうと翌朝胃がもたれて食欲が湧きません。
  • 夜更かしをしない・・・夜更かしをするとギリギリまで寝ていて朝食を食べる時間がなくなってしまいます。
  • 水や牛乳を飲む・・・固形物が食べられなくとも水や牛乳など、まずは水分をとることから始めてみましょう。
  • 朝30分早く起きて体を動かす・・・体を動かすことによって食欲が湧いてきます。

朝ごはんは1日の活動の源です。朝ごはんを食べていきいきとした1日を送りましょう!!

江南市役所 法人番号3000020232173 〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90 TEL:0587-54-1111 FAX:0587-54-0800
Copyright(C) 2006 Konan City All Rights Reserved.