江南市 だれもが主役、みんなで築く、みんなの郷土

サイト内検索  Powered by Google
HOME くらしの情報 まなぶ・あそぶ 行政情報 施設ガイド 各課のページ グローバルメニューここまで
 

税務課

税についてみんなでかんがえよう

 

HOME > 各課のページ > 税務課 > 市・県民税の公的年金からの特別徴収制度について 

市・県民税の公的年金からの特別徴収(引き落とし)について

 市・県民税を納める際の利便性の向上のため市・県民税の公的年金(国民年金法に基づく老齢基礎年金など)からの特別徴収(引き落とし)が平成21年10月支給分の年金より導入されました。
 この制度は、納税方法を変更するものであり、新たな税負担が生じるものではありません。

対象となる方

4月1日現在65歳以上の年金受給者で、前年中の公的年金所得にかかる市・県民税の納税義務のある方
ただし、次のいずれかに当てはまる方は、対象となりません。
 ◇1月1日(市・県民税の賦課期日)以降に、転出などにより江南市に住所を有しなくなった方
 ◇老齢基礎年金などの年間受給額が18万円未満の方
 ◇江南市が行う介護保険の特別徴収対象者でない方 など

特別徴収される市・県民税額

 引き落としされるのは、公的年金所得の金額から計算した市・県民税額のみです。(給与所得や事業所得などの金額から計算した市・県民税額は、これまでどおり給与からの天引きまたは納付書で納めていただきます。)

特別徴収の対象となる年金

国民年金法に基づく老齢基礎年金または老齢年金、退職年金など
(障害年金や遺族年金は非課税ですので対象にはなりません。)
※特別徴収の対象となる公的年金を複数受給されている場合、そのうちの一つの年金から引き落とします。

特別徴収が中止になる場合

 特別徴収開始後、江南市外への転出、税額の変更、公的年金の支給停止などがあった場合は、引き落としは中止となり、納付書(または口座振替)で納めていただくことになります。
※一定の条件のもと、特別徴収が継続される場合があります。

公的年金からの特別徴収税額と徴収方法

(1)前年度から継続して特別徴収の場合(収入が公的年金のみの場合)

  平成29年度前半(仮徴収) 平成29年度後半(本徴収)
4月 6月 8月 10月 12月 平成30年
2月
税額 (前年度の年税額の1/2)÷3 年税額の残りの1/3
(例)平成28年2月の年税額が60,000円で、平成29年度の年税額が63,000円の場合 (60,000×1/2)÷3=10,000円 (63,000−30,000)÷3=11,000円
10,000円 10,000円 10,000円 11,000円 11,000円 11,000円

(2)新たに特別徴収を開始する場合(収入が公的年金のみの場合)

  個人で納付(普通徴収) 年金から引き落とし(特別徴収)
6月(1期) 8月(2期) 10月 12月 平成30年
2月
税額 年税額の1/4 年税額の残りの1/3
(例)平成29年の年税額が60,000円の場合 15,000円 15,000円 10,000円 10,000円 10,000円

※公的年金以外の所得がある方は、この他に納付書(または口座振替)で納めていただく税額が発生する場合があります。

江南市役所 法人番号3000020232173 〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90 TEL:0587-54-1111 FAX:0587-54-0800
Copyright(C) 2006 Konan City All Rights Reserved.