江南市 だれもが主役、みんなで築く、みんなの郷土

サイト内検索  Powered by Google
HOME くらしの情報 まなぶ・あそぶ 行政情報 施設ガイド 各課のページ グローバルメニューここまで
 

税務課

税についてみんなでかんがえよう

特別徴収に関するQ&A

Q1.今まで特別徴収をしていなかったのに、なぜ、今になって特徴徴収しないといけないのですか?

A1.地方税法及び江南市の市税条例の規定により、所得税の源泉徴収義務者である事業者は市県民税の特別徴収義務者として指定され、特別徴収していただくことになっています(地方税法第321条の4)。
これは法令改正等があったわけではなく、今までもこの要件は定められており、源泉徴収義務者である事業者は特別徴収をしていただく必要がありました。つまり、地方税法では、原則として、所得税を源泉徴収している事業主の方(給与支払者)は、従業員の市・県民税を特別徴収しなければならないこととされています。これからは法令順守の観点から地方税法の規定に則して徴収を行ってください。

Q2.江南市外から通勤している従業員の市・県民税は特別徴収をしなくてもよいですか。

A2.原則として、特別徴収義務者である事業者であれば、特別徴収をしなければなりません。該当の市町村へ連絡の上、特別徴収への切替依頼を行ってください。

 

Q3.従業員から普通徴収にしてほしいと言われましたがどうしたらよいですか。
 
A3.事業者として特別徴収義務者の要件を満たしている場合、個別に普通徴収を選択することはできませんので、その旨を従業員にご説明ください。

Q4.パート従業員や退職する予定の従業員でも特別徴収しなければいけませんか。

A4.パートか否かに関わらず、所得税の源泉徴収義務があり、4月1日以降に給与が支払われる従業員は、全て特別徴収の対象となります。
しかし、毎月の支払がない従業員(給与の支払いが不定期な方)や近く退職する予定の従業員については、特別徴収によることが困難であるため普通徴収にすることができます。この場合は、「給与支払報告・特別徴収に係る給与所得者異動届出書」を提出してください。

Q5.送られてきた特別徴収税額決定通知書に既に退職している従業員が記載されていました。どのような手続きをしたらよいですか。

A5.「給与支払報告・特別徴収に係る給与所得者異動届出書」を市に提出してください。
特別徴収から普通徴収への切り替えを行います。なお、6月中であれば切り替えの連絡は電話でも構いません。

Q6.所得税が発生しなければ個人の市・県民税も発生しませんか。

A6.所得税と市・県民税とでは税額の計算が異なります。所得税が発生しなくても市・県民税が発生することがあります。

 

Q7.専任の事務担当者がいないため毎月納入することが大変なのですが、他に方法はありますか。
 
A7.従業員が常時10人未満である事業所は、納期特例の申請により、年12回の特別徴収税額の納期を年2回(11月と翌年5月)とすることができる場合があります。「給与所得等に係る市・県民税特別徴収税額の納期の特例に関する申請書」を提出してください。

Q8.新たに入社した従業員について、年度途中でも特別徴収に切り替えることはできますか。

A8.切り替えることができます。対象となる従業員が1月1日現在に住所を置く市町村へ、事業者から特別徴収に切り替える旨の連絡をしてください。

Q9.給与天引きした市・県民税を支払う際に手数料はかかりますか。

A9.送付する納入書を使用して、「特別徴収のしおり」に記載されている取扱金融機関やゆうちょ銀行・郵便局にて、現金でお支払いいただく場合には手数料はかかりません。
取扱金融機関やゆうちょ銀行・郵便局以外ですと、誠に申し訳ありませんが、手数料が必要となります。
また、金融機関が行っている地方税納付サービス等をご利用される場合も、手数料が必要となります。

江南市役所 法人番号3000020232173 〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90 TEL:0587-54-1111 FAX:0587-54-0800
Copyright(C) 2006 Konan City All Rights Reserved.