生涯学習課

みんなでつくる 「いつでも、どこでも、だれでも」 学べる 生涯学習のまち こうなん

猿尾

猿尾とは、堤から猿の尾のように斜めに築堤した小高い堤防のことです。洪水の水勢をそいで堤より川方にある民家や畑を護るため、江戸時代から明治時代にかけて多く築かれました。現在は、ほとんどの猿尾が失われていますが、木曽川沿いにはその痕跡を残す箇所が点在しています。特に、中般若にある猿尾は原形もはっきりと保たれており、貴重な史跡として残されています。

中般若の猿尾(中般若の猿尾)