生涯学習課

みんなでつくる 「いつでも、どこでも、だれでも」 学べる 生涯学習のまち こうなん

木造千手観音菩薩座像

  • 所在地 小折町
  • 所有者等 般若寺
  • 種類 彫刻
  • 指定年月日 昭和51年3月29日

木造千手観音菩薩座像
高さ 72センチ 膝張り 42センチ

千手観音の普通の像は、四十手、一手に一眼を有し、一手でよく二十五有界の衆生を救おうとするものです。この像は、彫眼寄木造りの十一面千手観音坐像です。彩色され口唇は赤い。本体は特に膝部に剥落が見られます。室町時代のもので、額には後補が見られ、蓮華座や光背・持物の時代は下がると思われます。台座の下段には獅子が置かれています。