生涯学習課

みんなでつくる 「いつでも、どこでも、だれでも」 学べる 生涯学習のまち こうなん

いすのき

  • 所在地 宮田神明町
  • 所有者等 大明神社
  • 種類 天然記念物
  • 指定年月日 昭和55年8月11日

いすのき
樹高 約20メートル 目通り 80センチ

暖地の山中に自生する常緑喬木で、大きいものは高さ20メートル、径1メートルに達するものがあります。葉は互生し、長楕円形で鈍頭、長さ5~8センチ、幅2~4センチ、中脈はやや著しく、支脈は不明瞭です。往々大きな虫の作ったこぶができ、子供がその穴を吹いて笛とします。春に開花し、紅色の総状花序をつけます。笛の音から、「ひょんのき」ともいいます。大明神社のいすのきは、境内入口南側に生えています。当地方では珍しい木で、くす・しろかし・あらかし・さかき・ひさかきとともに、照葉樹林帯を形成しています。