江南市 だれもが主役、みんなで築く、みんなの郷土

サイト内検索  Powered by Google
HOME くらしの情報 まなぶ・あそぶ 行政情報 施設ガイド 各課のページ グローバルメニューここまで
 

生涯学習課

みんなでつくる 「いつでも、どこでも、だれでも」 学べる 生涯学習のまち こうなん

木造大日如来座像

  • 所在地 小郷町
  • 所有者等 大日寺
  • 種類 彫刻
  • 指定年月日 昭和52年4月22日

木造大日如来座像
高さ 28センチ 膝張り 22センチ

寄木造りの坐像です。額の白毫は水晶のはめこみとも見られますが、かなり時代がたっていて黒ずみ定かではありません。しかし、首から胸にかかる瓔珞にはヒスイがふんだんに使われている所から宝石であることには間違いないと思われます。俯眼の目は衆生を済度する慈悲の相に満ち、温顔で得も言われぬ魅力を漂わせた仏さまです。
この如来像は当寺の秘仏として信者から崇められ、17年目毎に開帳供養が施されることになっています。大日堂(大日寺)の由来は尾張徇行記によれば、遠く大永7年(1527)の創建によるものですが、この仏像は寺伝によれば当時の仏師大宮法眼の作で、室町末期の造像仏と言われています。永正元年(1504)藤原氏の後胤の駒田立味は、上杉・武田両家の戦に参加し川越に赴きました。翌年和睦なり退陣の時、「弓矢を遁れ、菩提を求むべし」との夢の告げに従い、小折へ来ました。「大日如来の有縁の地はここなり」の二度目の夢により、仏師大宮法眼に依り大日如来を彫刻し安置しました。

江南市役所 法人番号3000020232173 〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90 TEL:0587-54-1111 FAX:0587-54-0800
Copyright(C) 2006 Konan City All Rights Reserved.