生涯学習課

みんなでつくる 「いつでも、どこでも、だれでも」 学べる 生涯学習のまち こうなん

あおはだ

  • 所在地 宮田神明町
  • 所有者等 大明神社
  • 種類 天然記念物
  • 指定年月日 昭和55年8月11日

あおはだ
目通り 87センチ

山地に自生する落葉の喬木で、樹の外皮は薄く内皮は緑色です。幹が傷つくと青い肌が出るので、この名前がつきました。葉は有柄、卵形で互生するも、短い枝の頂上部にあっては束生します。雌雄異株で、果実は小球状の肉質核果で、径7ミリほどで秋には紅熟して美しくなります。
大明神社のあおはだは、大樹とはいえませんが当地方には珍しく、鳥により実がこの地へ運ばれ自生したものであると推測されます。社殿の裏の社叢に生えていて、赤い実をつけます。