水道課

水を大切に

 

HOME > 各課のページ > 水道課 > 水質について

水質について

水質基準

水道法では安心で安全な水道水が供給できるように、水道水の水質基準が定められています。
この水質基準は平成26年4月から新たに加わった新規項目を含め、最新の水質基準により水道水質の管理を行っています。

江南市では水質検査計画及び結果を情報公開しております。
これらについては、下般若配水場、市役所西分庁舎、図書館及び市役所の各支所でご覧いただけます。


検査計画はこちら

検査結果はこちら


テトラクロロエチレンの検出について
後飛保配水場へ送水している松竹町の第5号取水井において、江南市水道事業が平成28年5月に地下水(原水)の調査を実施したところ、テトラクロロエチレンによる地下水汚染が判明しました。
基準超過に伴い、後飛保第5号取水井からの取水は停止しています。
なお、後飛保配水場から配水している一般家庭などへの給水栓水の調査結果については、正常でした。
また、後飛保第5号取水井の調査は引続き実施しております。

その他の水質

放射性物質は、文部科学省の委託により愛知県が名古屋市北区にある愛知県環境調査センター内の蛇口で木曽川を原水を水道水を測定し、また、愛知県は犬山浄水場を含む県内の浄水場の水道水においても測定しています。
これらの測定結果から、地下水と、犬山浄水場を経て供給されている水からなる江南市の水道水は、安全であると考えております。

愛知県環境調査センターの検査結果
愛知県の降下物と上水(蛇口水)の放射能測定結果について

県内浄水場の検査結果
水質試験所|愛知県