江南市 だれもが主役、みんなで築く、みんなの郷土

サイト内検索  Powered by Google
HOME くらしの情報 まなぶ・あそぶ 行政情報 施設ガイド 各課のページ グローバルメニューここまで
 

消防本部

HOME > 消防本部 > 応急手当 > 心肺蘇生法とAEDの取り扱い

心肺蘇生法とAEDの取り扱い

救命の連鎖(心停止の予防、早期認識と通報、一次救命処置、二次救命処置と心拍再開後の集中治療
〔改訂4版 応急手当講習テキスト 救急車がくるまでに〕より引用

第1 救急蘇生法とは
第2 救命の連鎖と市民の役割
  1. 心停止の予防
  2. 心停止の早期確認を通報
  3. 一次救命処置
  4. 二次救命処置と心拍再開後の集中治療
第3 一次救命処置
  1. 反応を確認する
  2. 大声で叫び応援を呼ぶ
  3. 119番通報をしてAEDを手配する
  4. 呼吸をみる
  5. 胸骨圧迫を行う
  6. 人工呼吸を行う
  7. 胸骨圧迫30回と人工呼吸2回を続ける
第4 AED使用の手順
  1. AEDを持ってくる
  2. AEDの手順
  3. 電源を入れる
  4. 電極パッドを貼り付ける
  5. 電気ショックと心肺蘇生の再開
第5 気道異物
  1. 窒息のサイン
  2. 119番通報と異物除去

第1 救急蘇生法とは

 病気や怪我により、突然に心停止若しくはこれに近い状態になった時に、胸骨圧迫や人工呼吸を行うことを心肺蘇生といいます。傷病者を社会復帰に導くために大切な心肺蘇生、AEDを用いた除細動、異物で窒息をきたした場合の気道異物除去の3つを合わせて一次救命処置といいます。
心停止以外の一般的な傷病に対して、その悪化を回避することを目的として、市民のみなさんにより 行われる最小限の諸手当を応急手当といいます。応急手当には出血に対する圧迫止血や回復体位などが 含まれます。
市民のみなさんが行う救急蘇生法は、一次救命処置と応急手当です。

第2 救命の連鎖と市民の役割

 急変した傷病者を救命し、社会復帰させるために必要となる一連の行いを「救命の連鎖」といいます。
「救命の連鎖」を構成する4つの輪が素早くつながると救命効果が高まります。
4つの輪の内3つは、現場に居合わせた市民のみなさんによって行われることが期待されます。
市民のみなさんは「救命の連鎖」を支える重要な役割を担っているのです。

1.心停止の予防

 「救命の連鎖」における「心停止の予防」は、急性心筋梗塞や脳卒中の初期症状に気づいて救急車を要請することです。
また、子供の心停止の主な原因には、怪我・溺水・窒息などがありますが、いずれも予防が可能です。

2.心停止の早期確認と通報

 早期認識は、突然倒れた人や、反応のない人を見たら、直ちに心停止を疑うことで始まります。
大声で叫んで応援を呼び、119番通報を行って、AEDや救急隊が少しでも早く到着するように努めましょう。

3.一次救命処置

 心臓が止まると15秒以内に意識が消失し、3〜4分以上放置しておくと脳の回復は困難となります。
心臓が止まっている間、心肺蘇生により心臓や脳に血液を送り続けることは、AEDによる心拍再開の
効果を高めます。また、心拍再開後に脳に後遺症を残さないためにも重要です。
救命の可能性は、時間と共に低下しますが、救急隊到着までの短時間であっても救命処置をすること
で高くなります。

心臓と呼吸が止まってからの時間経過と救命の可能性1ヶ月後社会復帰率
〔改訂5版 応急手当講習テキスト 救急車がくるまでに〕より引用
図1のテキスト表示こちら≫≫≫

 突然の心停止は、心臓が細かく震える「心室細動」によって生じることが多く、この場合、心臓の動きを正常に戻すには電気ショックによる「除細動」が必要となります。
市民のみなさんが電気ショックを実施した場合の社会復帰率は、救急隊が実施した場合よりも2倍という実績があります。市民のみなさんによるAEDの使用が重要であることの証明です。

4.二次救命処置と心拍再開後の集中治療

救急救命士や医師は、あらゆる手段を用いて傷病者の社会復帰を目指します。

第3 一次救命処置

心肺蘇生フロー
「一般社団法人日本蘇生協議会監修:JRC蘇生ガイドライン2015,p.18,医学書院,2016より転載」
図2のテキスト表示こちら≫≫≫

1.反応を確認する

反応の確認傷病者に近寄る前に周囲を見渡して安全であることを確認してください。
傷病者の肩をやさしく叩きながら大声で呼び掛けます。
目を開けたり、何らかの応答や目的のある仕草があれば反応があるといえます。突然の心停止の場合、けいれんが起こる こともありますが、この場合には反応はないと判断して対応してください。

2.大声で叫び応援を呼ぶ

応援を呼ぶ傷病者に反応がない場合は、「誰か来てください!人が倒れています!」などと大声で叫んで周囲の注意を喚起します。

3.119番通報をしてAEDを手配する

通報AED依頼「あなた、119番通報をお願いします。」「あなた、AEDを持って来てください。」など、具体的に協力依頼をします。協力者が誰もいない場合は、心肺蘇生を始める前に119番通報とすぐ近くにAEDがある事がわかっていれば、AEDの手配をあなた自身で行ってください。
119番通報する時は、落ち着いて正確な場所や傷病者の状態を伝えましょう。電話口で、消防職員があなたが行うべきことを指導してくれます。心肺蘇生の訓練を十分にうけていない場合でも、落ち着いて指示に従ってください。

4.呼吸を見る

呼吸の観察傷病者の胸と腹部の動き(呼吸をする度に上下する)をみます。
胸と腹部が動いていない、又は普段どおりでない場合は、心停止と判断して直ちに胸骨圧迫を行います。
普段どおりでない呼吸とは、しゃくりあげるような、途切れ途切れに起きる呼吸のことをいい、「死線期呼吸」と言われています。
呼吸の確認は10秒以内で行います。判断に迷う場合は呼吸がないものとして進めてください。

5.胸骨圧迫を行う

胸骨圧迫場所胸の真ん中(左右の真ん中、かつ、上下の真ん中)を圧迫します。




〔改訂4版 応急手当講習テキスト 救急車がくるまでに〕より引用

胸骨圧迫1左図のように、両手を重ねて垂直に体重が加わるよう両肘を まっすぐに伸ばし、肩が圧迫部位の真上になるような姿勢をとり ます。手のひらの基部(手掌基部)だけに力が加わるようにしてください。胸骨圧迫は、30回連続して行ってください。
【ポイント】
(1)強く(胸が約5cm沈み込むように)
(2)速く(1分間に100〜120回のテンポ)
(3)絶え間なく(中断は最小限に)
(4)しっかり戻す(圧迫と圧迫の間は、胸が元の位置に戻るように十分に圧迫を解除する)
胸骨圧迫2

6.人工呼吸を行う

胸骨圧迫を30回続けたら、その後気道確保をして人工呼吸を2回行います。気道確保
【気道確保】 片手で傷病者の額を押さえ、もう一方の手の指先をあごの 先端に当てて持ち上げ、空気の通り道を確保します。 このような気道確保を「頭部後屈あご先挙上法」といいます。

人工呼吸【人工呼吸】
(1)気道を確保したまま
(2)額を押さえている方の手で、鼻をつまむ
(3)口を大きく開いて傷病者の口を覆う
(4)1回1秒かけて、傷病者の胸が軽く上がる程度の空気を吹き込む
(5)吹き込んだら、いったん口を離し、もう一回行う

7.胸骨圧迫30回と人工呼吸2回を続ける

救急隊が到着するまで絶え間なく続けてください。
交代できる人がいる場合は、胸骨圧迫を1〜2分を目安に交代してください。
傷病者が普段どおりの呼吸をしはじめる、あるいは目的のある仕草が認められるまで、あきらめずに心肺蘇生を続けましょう。

第4 AED使用の手順

1.AEDを持ってくる

誰かにAEDを持ってくるように依頼します。他に誰もいない場合は、AEDがどこにあるか分かっていれば、救助者自身が自分でAEDを取りに行きます。

2.AEDの準備

AED持ってくるAEDが届いたら、すぐにAEDを使う準備に移ります。 心肺蘇生は中断せずにそのまま続けて下さい。

3.電源を入れる

電源ボタンを押すタイプと、蓋を開けると自動的に電源が入るタイプがあります。
どちらも、電源を入れた以降は音声メッセージとランプに従って操作します。

4.電源パッドを貼り付ける

AED電極パッドを袋から取り出し、イラストに従って2枚の電極パッド を肌に直接貼り付けます。
【貼る時の注意点】
(1)傷病者の体が濡れている場合
→タオル等で簡単に拭き取ります
(2)胸に貼り薬があり、電極パッドを貼る際の邪魔になる場合
→はがして、残っている薬剤を拭き取ります
(3)医療器具が埋め込まれている場合
→医療器具を避けて電極パッドを貼ります

確認電極パッドが肌にしっかり貼られると、「体から離れてください」 とのメッセージが流れ、AEDが自動的に心電図の解析を始めます。
周囲の人にも傷病者から離れるように伝え、誰も傷病者に触れていないことを確認してください。

5.電気ショックと心肺蘇生の再開

AEDが心電図を自動的に解析し、電気ショックが必要である場合は、「ショックが必要です」とメッセージが流れ充電を開始します。
周囲の人や自分が傷病者に触れないように注意喚起し、充電完了のメッセージが流れたらショックボタンを押して電気ショックを行います。
電気ショックの後は、ただちに胸骨圧迫から心肺蘇生を再開してください。「ショックは不要です」とメッセージが流れた場合も、ただちに胸骨圧迫から心肺蘇生を再開してください。

第5 気道異物

1.窒息のサイン

窒息サイン苦しそう、顔色が悪い、声が出せない、息ができないなどが あれば窒息しているかもしれません。そのような場合は、左図のような「窒息のサイン」を出していることがあります。
強い咳ができるようなら、自然に異物が排出されることがありますので、傷病者が咳をするに任せましょう。
しかし、状態が悪くなって咳が弱くなったり、できなくなった場合は、迅速な対応が必要となります。

2.119番通報と異物除去

反応があれば、直ちに119番通報を誰かに依頼した後に、腹部突き上げや背部叩打を試みます。

ハイムリック【腹部突き上げ法】
握りこぶしを作って親指側を傷病者の臍の上方で、みぞおちより十分下方に当てます。左図のように手を組み、すばやく手前上方に向かって圧迫するように突き上げます。
※明らかに妊娠していると思われる女性や、乳児には、この方法は実施しないでください。

背部叩打法【背部叩打法】
傷病者の後方から、手のひらの基部(手掌基部)で左右の肩甲骨の中間あたりを力強く叩きます。

反応がなくなれば、心停止に対する心肺蘇生の手順を開始してください。
まだ通報していなければ、119番通報を行ってください。心肺蘇生を行っている途中で異物が見えた場合は、それを取り除きます。見えない場合には、やみくもに口の中に指を入れて探さないでください。また、異物を探すために胸骨圧迫を長く中断 しないでください。

【図1のテキスト表示】
電気ショックを救急隊が行った場合と市民が行った場合の1か月後社会復帰率
救急隊が電気ショックを行った場合(5,973例)のうち社会復帰1,129例(18.9%)
市民が電気ショックを行った場合(1,030例)のうち社会復帰446例(43.3%)

【図2のテキスト表示】
主に市民が行う一次救命処置(BLS)の手順
BLSアルゴリズム 1.安全確認 2.反応なし 大声で応援を呼ぶ 3.119番通報・AED依頼 通信指令員の指導に従う 4.呼吸は? 普段通りの呼吸があれば様子をみながら応援・救急隊を待つ。 呼吸なしまたは死戦期呼吸(わからないときは胸骨圧迫を開始する) 5.ただちに胸骨圧迫を開始する 強く(約5cm 。小児は胸の厚さの約1/3) 速く(100~120回/分) 絶え間なく(中断を最小にする) 6.人工呼吸の技術と意思があれば胸骨圧迫30回と人工呼吸2回の組み合わせを繰り返す。 7.AED装着 心電図解析 電気ショックが必要ありな場合は、電気ショック。ショック後ただちに胸骨圧迫から再開。電気ショックが必要ない場合はただちに胸骨圧迫から再開。強く、速く、絶え間なく胸骨圧迫を! 8.救急隊に引き継ぐまで、または傷病者に普段どおりの呼吸や目的のある仕草が認められるまで続ける。

問い合わせ

江南市消防署 救急グループ
TEL 0587-55-2258  FAX 0587-53-0119

江南市役所 法人番号3000020232173 〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90 TEL:0587-54-1111 FAX:0587-54-0800
Copyright(C) 2006 Konan City All Rights Reserved.