江南市 だれもが主役、みんなで築く、みんなの郷土

サイト内検索  Powered by Google
HOME くらしの情報 まなぶ・あそぶ 行政情報 施設ガイド 各課のページ グローバルメニューここまで
 

総務予防課

命を守る 住宅用火災警報器
HOME > 消防本部 > 火災予防 > 感震ブレーカー

感震ブレーカー : 地震による電気火災対策

震災時において、電気火災を防ぐために感震ブレーカーを設置しましょう!

 阪神・淡路大震災や東日本大震災で発生した火災のうち、約6割が電気火災と言われています。(内閣府データより)家電製品の転倒による火災や、停電後の電気復旧時に火災が発生することがあります。そこで、震災時に電気が原因で発生する火災の防止に有効なのが「感震ブレーカー」です。

感震ブレーカーとは

感震ブレーカーは、地震発生時に一定以上の揺れを感知した場合、自動的に電気の供給を遮断します。
地震による出火場所

図のテキスト表示はこちら≫≫≫


感震ブレーカーの種類

◆分電盤タイプ
センサーが揺れを感知して、ブレーカーを操作し、電気を自動的に遮断します。
分電盤タイプ

◆コンセントタイプ
センサーが揺れを感知して、コンセントの電源を自動的に遮断します。
コンセントタイプ

◆簡易タイプ
おもりの落下でブレーカーを操作して電気を自動的に遮断します。
簡易タイプ

設置にあたっての注意点

・分電盤タイプなどのように、地震発生時に家庭内の全ての電気を遮断するものについては、医療機器などへの影響が考えられますので、設置にあたっては注意が必要です。
・夜間に地震が発生した場合に照明が消えることで、屋外への迅速かつ安全な避難の妨げになることも考えられますので、非常灯を準備しましょう。
・購入、設置にあたっては、お住まいの環境に適したものをお選びください。
・分電盤タイプなどの工事が必要なものについては、電気工事店にご相談ください。

関連リンク(外部リンク)

【図のテキスト表示】

地震による出火場所

【一次配線】

  • 変圧器(業務用等):過負荷により加熱し出火

【二次配線】

  • 照明などへの配線:配線の損傷等により出火
  • 観賞魚用水槽:水槽が転倒し、ヒーターが可燃物に着火またはコンセントに水がかかり出火
  • 電気ストーブ、電気コンロ等:転倒・落下した可燃物が、ヒーターに接触し着火
  • 白熱灯:白熱灯が転倒・落下し可燃物に着火
  • 電源タップ:コードの断線等により出火
江南市役所 法人番号3000020232173 〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90 TEL:0587-54-1111 FAX:0587-54-0800
Copyright(C) 2006 Konan City All Rights Reserved.