市政Q&A 税金

Q&A

 

HOME > 市政Q&A > 税金

Q1:市・県民税(個人)は、いつ現在で課税されますか

市・県民税は、毎年1月1日現在、居住されている市町村で課税されます。

担当:税務課 市民税グループ(内線263)

Q2:江南市の市民税(個人)は、他の市町村より高いのですか

市町村民税・道府県民税は、それぞれ所得割と均等割によって成り立っています。
まず所得割は、日本全国同じ方法によって 算出されますので、市町村又は道府県によって差はありません。
次に均等割ですが、市町村民税の均等割については標準税額は年額3,000円です。また、道府県民税の均等割の標準税額は1,000円ですが、愛知県では平成21年度より「あいち森と緑づくり税」が導入され、1,000円に500円を加算し1,500円になっています。

担当:税務課 市民税グループ(内線263)

Q3:軽自動車税は、いつ現在で課税されますか

毎年4月1日現在、軽自動車等を所有している方に軽自動車税が課税されます。

担当:税務課 証明交付グループ(内線262)

Q4:固定資産税は、いつ現在で課税されますか

固定資産税は、毎年1月1日現在の所有者に課税されます。そのため、年の途中で土地や家屋を売ったり、家屋を取り壊してもその年の税金は全額課税されます。その逆に、年の途中で土地や家屋を買ったり、新築しても翌年度からの課税となります。

担当:税務課 土地グループ・家屋償却資産グループ(内線265・264)

Q5:市税等の延滞金はどのように計算されるのですか

納期限の翌日から納付の日までの期間の日数に応じ、年14.6%の割合(納期限の翌日から1月を経過する日までの期間については、7.3%〔(当該期間の属する各年の前年の11月30日を経過する時における日本銀行法第15条第1項第1号の規定により定められる商業手形の基準割引率に年4%の割合を加算した割合が7.3%の割合に満たない場合は、当該商業手形の基準割引率に年4%の割合を加算した割合)〕で計算した延滞金が徴収されます。

担当:収納課(内線272)

Q6:口座振替の振替開始はいつからですか

口座振替の申し込みをされた月の翌月末日の納期分からです。

担当:収納課(内線271)

Q7:クレジットカードで市税等の納付はできますか

クレジットカードでの納付はできません。
口座振替をご利用いただくか、市役所や金融機関・コンビニエンスストアでの納付をお願いします。

担当:収納課(内線271)