江南市 だれもが主役、みんなで築く、みんなの郷土

サイト内検索  Powered by Google
HOME くらしの情報 まなぶ・あそぶ 行政情報 施設ガイド 各課のページ グローバルメニューここまで
 

よくある質問(「市長への手紙」から)

Q&A

HOME > 市政Q&A > よくある質問(「市長への手紙」から)


「市長への手紙」に多く寄せられる内容や、広く市民の皆さんにお知らせしたい回答を選んで紹介します。


福祉・健康・子育て

Q1:学童保育の対象を小学校6年生までに拡大してほしい。(要望)

 学童保育は、各小学校区ごとに市内10箇所で開設し、小学校1年生から3年生を対象に実施しています。最近学童保育の利用が増加する中で、4年生以上の利用要望をお聞きしていますが、現在は、3年生までの待機者が生じないよう事業を進めています。

担当:子育て支援課(内線411)

Q2:市内のすべての学校で敷地内禁煙になりませんか。(質問)

 江南市の小中学校としましては、敷地内とか敷地外とかではなく、教師の健康と児童・生徒への健康教育のために、禁煙そのものを奨励しています。その成果もあり、教職員の喫煙人口は年々減少しています。
また、どうしても喫煙する場合でも次のように考えています。
1.敷地内外にかかわらず、子どもや他の職員に影響があるところでは吸わない。
2.子どもや地域の人の目に付くところでは吸わない。

担当:教育課(内線392)

環境・公害

Q1:飼い犬のふん害に困っている。(苦情)

 「江南市飼い犬等のふん害の防止に関する条例」では、飼い主はふん処理用具を携行し、ふんを持ち帰らなければならないと規定しています。飼い犬等の散歩中のふん害の防止については、今後も広報、回覧などで飼い主のモラル向上に努めていきます。また、市役所環境課では、飼い主に注意を呼びかける「ふん害防止看板」を、希望者に貸与しています。

担当:環境課(内線269)

Q2:畑の野焼きによる煙や臭いで迷惑しています。何とかなりませんか。

 屋外での焼却は、一部の例外を除き法令や条例で禁止されています。例外として認められているものは「風俗慣習上の行事を行うために必要なもの」「農業を営むためにやむを得ないもの」「たき火その他日常生活を営む上で軽微なもの」などで、軽微なものとは、煙や焼却灰の飛散などで近隣に迷惑とならない程度のわずかな焼却のことです。
畑で雑草や野菜くずなどを焼却する場合でも、煙や焼却灰の飛散などで近隣の生活環境に影響を与えている場合には、行為者に対して焼却するものの量・時間・風向きなどを考え、近隣に迷惑をかけないように焼却するよう指導しています。

担当:環境課(内線421)

Q3:プラスチックごみの収集回数を増やしてほしい。(要望)

 日ごろは市の環境行政についてご理解とご協力いただき、ありがとうございます。
プラスチックごみを週1回収集してほしいとのご要望ですが、現状では、収集体制や経費等の関係から、現在の収集体制を変更することは難しい状況にありますが、プラスチックごみも含めた資源ごみの収集体制につきましては、今後、検討してまいりますので、よろしくお願いいたします。

担当:環境課(内線257)

Q4:カラスを駆除してほしい。(要望)

 カラス対策については、一般的に捕獲と防除の2つの方法があります。
捕獲については、本市では、農作物被害の軽減を目的として、市内で一定の場所を決めて箱ワナによる捕獲を実施し、カラスの個体数減少に取り組んでいます。
防除については、土地管理者の責任において対応していただいており、農作物被害につきましては、作物の周囲や上部にテグスを張るなどの対策が考えられます。
また、可燃ごみ集積場でのカラス被害に対しては、おおむね10世帯が利用されている集積場には、環境課にてカラスよけネットを貸し出しておりますので、ご利用いただきますよう、ご案内申し上げます。

担当:農作物被害担当:農政課(内線222)、可燃ごみ集積場担当:環境課(内線257)

Q5:雑草の繁茂などにより生活環境に影響を及ぼし迷惑している場合に、どこの課へ連絡すれば、どのような対応をしてもらえるのか。(質問)

◆道路上に生えた雑草が繁茂し、交通障害を引き起こす恐れがある場合
担当:土木課(内線374)
対応:現地状況確認後、交通障害を引き起こす恐れがあると判断した場合、自動車や歩行者の安全な通行を確保するため、早急に雑草の除去作業を行います。

◆私有地(農地以外)から生えた雑草が繁茂し、市民の生活環境を阻害する恐れがある場合
※農地以外・・・登記地目で宅地、雑種地、山林など。
※生活環境を阻害する・・・害虫の発生、ごみの不法投棄、犯罪、災害などの発生を誘発するなど。
担当:環境課(内線421)
対応:現地状況確認後、市民の生活環境を阻害する恐れがあると判断した場合、市民の生活環境を保全するため、早急に土地所有者へ手紙を送付し、雑草の除去および適切な処理を依頼します。

◆私有地(農地)から生えた雑草が繁茂し、市民の生活環境を阻害する恐れがある場合
※農地・・・登記地目で田、畑。
※生活環境を阻害する・・・害虫の発生、ごみの不法投棄、犯罪、災害等の発生を誘発するなど。
担当:農政課(内線222)
対応:現地状況確認後、市民の生活環境を阻害する恐れがあると判断した場合、市民の生活環境を保全するため、早急に土地所有者へ手紙を送付し、雑草の除去および適切な処理を依頼します。

◆私有地から生えた雑草により、火災の発生の恐れがある場合
担当:総務予防課(TEL:0587-55-2762)
対応:現地状況確認後、火災の発生の恐れがあると判断した場合、火災の発生を予防するため、早急に土地所有者へ手紙を送付し、雑草の除去および適切な処理を依頼します。

防災・防犯・交通

Q1:市の一部の駐輪場は駅から遠すぎて機能しておらず、一番駅に近い駐輪場は大変混雑しています。駅前ロータリー近くに立体の大規模な有料市営駐輪場を作ることは難しいのでしょうか。(要望)

 江南駅周辺の無料駐輪場については、特に江南駅北と北第二の駐輪場が大変混雑しておりご迷惑をお掛けしています。市では現在、駅周辺に立体駐輪場の計画はありませんが、無料駐輪場に長期間止めてある自転車を定期的に撤去し、駐輪スペースを少しでも確保できるよう努めておりますのでご理解いただきますようお願いします。

担当:防災安全課(内線155)

Q2:道路の見通しが悪くミラーを設置してほしい。(要望)

 道路反射鏡の設置については、地元の区・町の要望により必要性の高い箇所から選定し、設置をしています。お手数ですが、地元の区・町の役員さんにご相談ください。

担当:防災安全課(内線155)

Q3:道路照明灯を設置してほしい。(要望)

 道路照明灯の設置に関しては、各区・町内から設置に関する要望をいただく中で、基準を満たす場所(交差点または急カーブなどで見通しの悪い場所)に設置しています。このような道路照明灯などの設置申請は、区長さんなどを通じて市に要望してください。
また、道路照明灯の設置基準に満たない箇所については、夜間の犯罪防止のため、各区・町内において、防犯灯を設置していただいておりますので、区長さん、町総代さんなどにご相談ください。ご理解の程よろしくお願いします。

担当:防災安全課(内線155)

道路・河川

Q1:道路と歩道との段差解消と草刈りをしてほしい。(要望)

 市道の段差解消については、修繕の必要な箇所から順次整備をしています。また、歩道内の雑草の処理は、シルバー人材センターに委託し実施しています。お気付きの箇所がありましたら、土木課までご連絡をお願いします。また、県道の修繕や草刈りについては、愛知県一宮建設事務所に依頼しています。

担当:土木課(内線213)

Q2:家の前の道路が豪雨のときには、ひざの辺りまで水があふれます。何か対策はないのですか。(要望)

 浸水対策については、小・中学校の運動場に「雨水貯留施設」を順次設置しております。また、市では、雨水流出抑制を図るため、平成22年4月から新たに「雨水貯留浸透施設」ならびに「浸水防止施設」をこれから設置していただける方に補助金制度を設けました。
「雨水貯留浸透施設」として(1)雨水貯留槽(雨水タンク)(2)浸透トレンチ(3)雨水浸透桝(4)透水性舗装を対象に、補助金を交付しています。
「浸水防止施設」とは、東海豪雨以降、浸水による家屋等の被害に見舞われた方、今後も浸水による被害に見舞われそうな方を対象に、この被害を防止するため、浸水防止施設(浸水防止の塀など)の設置に対し、補助金を交付します。(家屋等の新築、改築は対象外です)
近年の集中豪雨の発生等により、放流先の河川の流量能力がさらに必要となっていますので、河川を管理している愛知県に対し、河川改修等の要望を継続して行っていきます。

担当:土木課(内線372)

Q3:側溝の流れが悪く困っている。(苦情)

 側溝清掃については、地元の区・町の要望により必要性の高い箇所から順次側溝清掃を行っています。お手数ですが、地元の区・町の役員さんにご相談ください。

担当:土木課(内線213)

Q4:江南市には公園が少ないと思います。河川周辺ばかりにあり、車で移動しなければなりません。子ども達は道路で遊ばなければならないので、身近なところに公園を作って欲しい。(要望)

 皆さまから、地域に身近な公園や子どもが遊べるような公園、お年寄りが静かに休養できるような公園など、さまざまな要望をいただいております。公園設置については、用地の確保等、困難な問題もあり、なかなか進んでいないのが実情です。
市では、平成23年3月に「緑の基本計画」を策定し、市民のふれあいの場として多くの人々が安心して利用できる地域バランスのとれた公園配置などを検討していきますのでよろしくお願いします。

担当:まちづくり課(内線418)

その他

Q1:市町村合併について考えていないのですか。(質問)

 将来的に避けては通れない問題であると考えていますが、現在、ごみ処理場の問題や消防の広域化など近隣の市町と連携して対応していかなければならない大きな課題を抱えています。
こうした、当面直面する課題の解決に鋭意努力すると同時に、将来あると思われる市町村合併に備えて、江南市戦略計画に掲げる地方分権時代に対応した「まちづくり」を進めてまいります。
近隣市町とも情報交換をしながら、市町村合併について考えてまいります。

担当:秘書政策課(内線471)

Q2:市役所の職員や市議会議員の数を半分にして人件費を削減すべきだ。(意見)

 江南市では、平成22年9月定例会で、議員提案により議員定数が24人から22人に改正され、平成23年の一般選挙から施行されています。議員定数については、いかなる定数がその責務を全うするにふさわしいか、議会の意思により判断されることと考えています。

担当:議事課(内線351)

江南市の職員数につきましては、民間委託やパート・臨時職員等の活用も含めた職員配置を考えるとともに、事務事業の進捗状況や将来的な行政需要を把握し、適正な採用計画に努めています。
近年では、平成17年度に策定しました「集中改革プラン」に基づき職員数の削減を図り、平成17年4月1日に756人おりました職員数を、平成22年4月1日には646人とし、5年間で110人の削減を行ったところであります。
今後におきましても、サービスを低下させることなく、より効率的な行政運営に努めてまいります。

担当:秘書政策課(内線296)

Q3:蘇南公園のドッグランを利用する際、登録時の鑑札は不必要だと思う。(意見)

 蘇南公園のドッグラン施設は、平成25年11月から試行で運用開始しました。現在は、約120人の方が登録しており、開始当初より、「安心・安全なドッグラン」との考えから江南市の規定をしています。
鑑札が必要な理由としては、鑑札を犬の身分証と位置付けているからです。犬の登録は狂犬病予防法という法律で決められており、鑑札を犬に着けておかなければなりません。犬の身分を証明しようとした場合、支払い証明書ではできないためドッグラン登録時には鑑札の提出をお願いしています。
また鑑札のみでなく、狂犬病予防接種や任意ワクチン接種の証明証、犬の種類や大きさが分かる写真も、必要書類ですので不備などがある場合は登録できません。
安全で安心して利用できるドッグランのために、管理者としてこれからも努めてまいりますので、ご理解の程よろしくお願いします。

担当:まちづくり課(内線329)

Q4:紙媒体の広報紙は、時代にあった電子化への見直しをしてほしい。(要望)

 「広報こうなん」の紙媒体での広報紙に関しましては、確かに現在は「市ホームページ」で広報紙が閲覧できたり、スマートフォン用アプリケーション「i広報紙」で広報紙が閲覧できたりと、紙媒体での広報紙が無い場合でも、市政情報をより身近に取得する事ができ、大変利便性が上がっています。
ただ、デジタルデバイド (情報や通信の技術やインフラを、さまざまな理由により利用できない方や、それによって生じる格差) によって情報を得られない方、得られても質、量、速度的に劣る情報しか得られない方も存在していると思われます。
特に高齢者の方などはその傾向が強く、インターネットなどを利用し、自由に情報を取得する事が難しそうだと予測できます。そうした方へも偏りなく分かりやすく情報をお届けするために、紙媒体の広報の存在意義があると思われます。
将来、今よりもより身近にICT(インフォメーション アンド コミュニケーション テクノロジー)が発展し、情報通信格差が解消されると予見される場合は、紙媒体の広報紙の発行部数が飛躍的に少なくなる可能性はあると思われますが、現在の江南市において、紙媒体の広報紙を全廃出来るだけの環境が整っていないのも事実だと思われます。
将来にわたり、どのような情報の掲出方法がより効率的であるかを研究させていただきたいと考えますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

担当:地方創生推進課(内線349)

江南市役所 法人番号3000020232173 〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90 TEL:0587-54-1111 FAX:0587-54-0800
Copyright(C) 2006 Konan City All Rights Reserved.