市政Q&A 福祉

Q&A

 

HOME > 市政Q&A > 福祉

Q1:子ども医療助成制度について

入院・通院ともに中学3年生まで医療費の自己負担分を助成します。


担当:保険年金課(内線254)

Q2:65歳以上のひとり暮らしですが、どのような福祉サービスを受けることができますか

ひとり暮らしの方には、給食サービス、寝具洗濯サービス、緊急通報システム設置などのサービスを受けることができます。
給食サービスは、月曜日から金曜日までの週5回以内で、1食300円で給食サービスを利用することができます。
寝具洗濯サービスは、ご自分が使用している布団、毛布などを年2回洗濯します。所得税を課税されていない方が対象です。
緊急通報システム設置は、緊急時に備え、消防署に通報できるものです。所得税が課税されていない方が対象です。
その他の在宅福祉サービス詳細はこちら



担当:高齢者生きがい課(内線256)

Q3:60歳を超えましたが、どこかで働きたいのですが

江南市シルバー人材センター(古知野町花霞74・電話0587-56-2155)で自分のできる仕事を登録し、仕事を紹介してもらうことができ、従事した仕事に応じ配分金を受けることができます。健康と生きがいのためにシルバー人材センターへご登録ください。

江南市シルバー人材センターホームページ(外部リンク)



担当:高齢者生きがい課(内線256)

Q4:保育園の保育時間について

保育時間についてはこちら


担当:保育課(内線236)

Q5:子育て支援センターについて

子育てに悩みや不安をお持ちのお母さん方を応援するため、月曜日~金曜日の午前9時~午後4時まで、電話や面接による相談をしています。また、就学前の児童のいる家庭を対象として、お母さん教室、子育て講座、子育てサークル育成支援を行い、親子のふれあい、子育て交流の場として、保育園と連携して「ほほえみ広場」などの事業も実施しています。
※子育て支援センター(電話0587-56-6337)は、交通児童遊園内にあります。


担当:こども政策課(内線236)

Q6:会社をやめたときの国民健康保険への加入手続きについて

14日以内に加入の手続きをしてください。

必要なもの

  • 健康保険の資格がなくなった証明(健康保険喪失連絡表など会社でいただいてください)
  • 家族の方で国民健康保険に加入している方がある場合は、その保険証
  • 厚生年金などの老齢(退職)年金を受給していて、加入期間が20年以上(40歳以降の加入は10年以上)のかたは、その年金証書
  • 子ども医療などを受給している場合は、その医療受給者証

担当:保険年金課(内線232)