江南市 だれもが主役、みんなで築く、みんなの郷土

サイト内検索  Powered by Google
HOME くらしの情報 まなぶ・あそぶ 行政情報 施設ガイド 各課のページ グローバルメニューここまで
 

市民サービス課

明るい市民の窓口

子どもが生まれたとき(出生届)

◆届出場所
・届出人(父または母)の所在地の役所
・生まれた子の本籍地の役所
・子が生まれた病院等の所在地の役所
のうちのいずれかの役所に届出していただくことになります。

◆届出人
・父または母
父または母が役所に届出書を持って来れないときでも、出生届の届出人欄の署名・押印は父または母でお願いします。
役所に持ってくる人は代理の方(祖父母など)でも構いません。

◆届出期間
・生まれた日を含めて14日以内 (国外で出生した場合は3か月以内)

◆届出に必要なもの
出生届書 および 出生証明書 (お子さんが生まれた病院で出生証明書は書いてもらえます。)
・印鑑、母子健康手帳
出生届に必要なものは上の2点ですが、児童手当、子ども医療の手続きには他にも必要になるものがあります。

江南市に住民登録がある方の場合
児童手当:印鑑、請求者(父または母/生計中心者)の銀行等の口座番号の分かるもの、請求者の健康保険証
子ども医療:印鑑、お子さんの名前が入った健康保険証
※江南市外に住民登録のある方は、住所地の役所へお問合せください。

◆その他
・住所地でない役所に出生届を出した場合、住所地でお子さんの住民票が出来上がるまでに1週間ほどの時間を要します。そのため、児童手当・子ども医療等の手続きもすぐにはできないので、お気をつけください。

家族の誰かが亡くなったとき(死亡届)

◆届出場所
・届出人の所在地の役所
・亡くなられた方の本籍地の役所
・亡くなられた病院等の所在地の役所
のうちのいずれかの役所に届出していただくことになります。

◆届出人
・同居または別居の親族、または同居者
(家主、地主、家屋管理人、公設所の長、後見人なども届出資格がありますが、その場合は届け出前にご相談ください。)

◆届出期間
・死亡の事実を知った日から7日以内

◆届出に必要なもの
・死亡届書 および 死亡診断書または死体検案書(亡くなられた病院等で書いてもらえます。)
・届出人の印鑑
・尾張北部聖苑を使用する場合は使用料

◆その他
・江南市に本籍がある方の死亡届を江南市に出された場合、戸籍証明書の発行は、届出されてから4日後の午後以降になります。(ただし、土日・祝祭日は日数には含みません。)本籍地が他市町村の場合は1週間から10日ほどかかります。
・該当する方は、後日、世帯主変更届、印鑑登録証の返還、国民健康保険証・後期高齢者医療被保険者証などを返還していただきます。

本籍地を変更するとき(転籍届)

◆届出場所
・届出人の所在地の役所
・本籍地の役所
・新しい本籍地(転籍地)の役所
のうちのいずれかの役所に届出していただくことになります。

◆届出人
・戸籍の筆頭者 および 配偶者

◆届出に必要なもの
・転籍届書
・戸籍謄本 (同一市内での転籍の場合は、必要ありません)
・届出人の印鑑 (届出人が筆頭者と配偶者の2人の場合は、印鑑も2本必要です。)

◆その他
・新本籍地を江南市とした転籍届を江南市に出された場合、戸籍証明書の発行は、届出されてから4日後の午後以降になります。(ただし、土日・祝祭日は日数には含みません。)本籍地が他市町村の場合は1週間から10日ほどかかります。

結婚をするとき(婚姻届)

◆届出場所
・夫または妻の所在地の役所
・夫または妻の本籍地の役所
のうちのいずれかの役所に届出していただくことになります。

◆届出人
・夫と妻

◆届出に必要なもの
婚姻届書
・本籍地でない役所に出すときは戸籍謄本(夫、妻ともに)
・届出人(夫婦2人)の印鑑

◆その他
・届書には成人2名の証人の署名押印が必要です
・未成年の方は両親の自筆の署名押印がある同意書も必要です
窓口で届出人の方の本人確認をさせていただいております。ご協力をお願いします。

※婚姻届だけでは住所異動はできません。婚姻により住所異動をする方は、婚姻届とは別に転入転出転居等の手続きも行ってください。
※外国籍の方と婚姻される場合は、相手の国籍によって必要な書類が変わります。詳しくは窓口までお問合せください。

離婚をするとき(離婚届)

◆届出場所
・夫または妻の所在地の役所
・本籍地の役所
のうちのいずれかの役所に届出していただくことになります。

◆届出人
・協議離婚の場合は、夫と妻
・調停離婚など裁判離婚の場合は、離婚の申立人

◆届出期間
・調停離婚などの裁判離婚の場合は、調停の成立または裁判の確定の日から10日以内

◆届出に必要なもの
・離婚届書
・本籍地でない役所に出すときは戸籍謄本
・調停離婚などの裁判離婚の場合は、調停調書の謄本、審判書または判決の謄本および確定証明書
・届出人(協議離婚の場合は夫婦2人)の印鑑

◆その他
・協議離婚の場合、届書に成人2名の証人の署名押印が必要です。
・離婚後も婚姻中の氏を名乗るためには、離婚後3ヶ月以内(離婚と同時でも可)に、離婚届とは別に「離婚の際に称していた氏を称する届」が必要となります。
・お子さんがみえる場合、お子さんは筆頭者の戸籍に残ります。お子さんの氏を変更したい(戸籍を異動させたい)場合には家庭裁判所で子の氏の変更の申立てをしていただく必要があります。詳しくは窓口でお問合せください。
窓口で届出人の方の本人確認をさせていただいております。ご協力をお願いします。

※外国籍の方と離婚される場合は、相手の国籍によって必要な書類や条件が変わります。詳しくは窓口までお問合せください。

その他の届出

・入籍届(子の氏の変更)
・離婚の際に称していた氏を称する届 (戸籍法第77条の2の届)
・養子縁組届  (窓口で届出人の方の本人確認をさせていただいております。ご協力をお願いします。
・養子離縁届  (窓口で届出人の方の本人確認をさせていただいております。ご協力をお願いします。
・認知届  (窓口で届出人の方の本人確認をさせていただいております。ご協力をお願いします。
・分籍届
・婚姻・離婚・養子縁組・養子離縁・認知届の不受理申出(窓口で届出人の方の本人確認をさせていただいております。ご協力をお願いします。
・氏の変更届
・名の変更届
などがあります。

手続きの方法や届出に必要なものはそれぞれの届出によって異なっていますので、詳しくは市民サービス課窓口までお問合せください。

江南市役所 法人番号3000020232173 〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90 TEL:0587-54-1111 FAX:0587-54-0800
Copyright(C) 2006 Konan City All Rights Reserved.