商工観光課

市民と創る活性都市・江南

 

HOME > 各課のページ > 商工観光課 > すいとぴあ江南の指定管理者の選定結果について

すいとぴあ江南の指定管理者選定結果について

現在の指定管理者の指定期間が平成31年3月31日をもって満了することに伴い、同年4月1日から平成36年3月31日までの5年の次期指定管理者を市広報及びホームページで公募しました。
申請があった2団体について、すいとぴあ江南指定管理者選定委員会で審査した結果、次のとおり選定されました。
選定後は、優先候補者と業務の詳細について細目協議を行い、平成30年9月市議会定例会に指定管理者の指定に係る議案を上程し、9月21日に議決され、同月25日付け次期指定管理者として指定しました。

指定管理者選定委員会の開催日及び審議内容

第1回 平成30年7月9日(月曜日)
委員長、職務代理者の選出及び選定方法の審議等

第2回 平成30年7月23日(月曜日)
申請団体のプレゼンテーション及びヒアリング

第3回 平成30年7月30日(月曜日)
候補者の最終選考、優先候補者と第2順位の候補者の選定

選定及び評価結果

優先候補者
大成株式会社

評価結果
評価項目 運営上の
基本方針
35点
ふるさと文化育成等事業提案
35点
施設運営
提案
35点
収支予算
35点
法人等事項
35点
総合評価
35点
総合計
210点
各選定委員評価合計 25点 27点 27点 20点 30点 26点 155点

※委員7名×5点×6項目

選定理由

大成株式会社は、経験、実績ともに申し分なく、5年間の安定性を間違いなく確保できるところではあるが、指定管理料がこれまでと比較して、また、第2順位の候補者と比較しても高くなっており、この点が今回の選定委員会において最大のポイントとなった。
まずは、江南市の公共施設再配置計画の中で第4期の指定期間が終了するまでに譲渡、廃止等を決定するという方針がある特殊な状況の中、現在の指定管理者として、厳しい現状を考慮しつつも、収入の向上を図るため必要なコストを積算して提案してきたことについては理解できる。
次に、指定管理者制度が民間の能力を活用しつつ、住民サービスの向上と経費の縮減を図ることを目的とすることを鑑みると、この制度の導入前となる平成17年度には管理公社による運営において1億4千万円を超える金額を負担していたことと比べて、今回提案のあった指定管理料の金額は直営時より下回っており、この制度の趣旨は依然果たしているものと捉えることができる。
その他、現在の指定管理事業において12年以上の経験及び利用者目線に立ったサービス等の実績を有しており、提案内容についても着実な運営を前提としたものとなっていることから、安定した運営を期待できる。
以上の理由を踏まえ、比較的高い評価得点を得ていることから、優先候補者として選定するものである。

問い合わせ

経済環境部 商工観光課 
電話:0587-54-1111 内線:404