まちづくり課

~市街地整備・公園緑地~

 

HOME > 各課のページ > まちづくり課 > 布袋地区都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)について

布袋地区都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)について

 都市再生整備計画事業は、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を生かした個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図るための国の制度です。
 鉄道の高架化が進む布袋地区においては、平成16年度から5年ごとに都市再生整備計画を立案し、各種基盤整備を実施しております。現在は3期目の都市再生整備計画を立案し、事業を進めています。

【1期】都市再生整備計画(平成16~20年度)

主に土地区画整理事業を中心に事業を実施いたしました。

【2期】都市再生整備計画(平成21~25年度)

都市計画道路等の基盤整備や住民主体のまちづくり活動の支援を中心に事業を実施いたしました。

【3期】都市再生整備計画(平成26~30年度)

「鉄道高架を中心とした安心・安全な暮らしやすいまちづくり」を目標として現在、事業を実施しています。

※まちづくり交付金は平成22年度より社会資本整備総合交付金に統合され、同交付金の基幹事業である「都市再生整備計画事業」として位置づけられています。