まちづくり課

~市街地整備・公園緑地~

 

HOME > 各課のページ > まちづくり課 > 布袋駅東地区まちづくり基本構想

布袋駅東地区まちづくり基本構想

布袋駅東地区まちづくり基本構想とは

布袋駅東地区まちづくり基本構想とは、江南市戦略計画や都市計画マスタープラン等に示される将来都市像の実現に向けて、布袋地区や江南市、さらには江南市周辺を含めた広域の観点から、複合公共施設の整備を契機とした布袋駅東地区のあり方や土地利用・基盤整備などのまちづくりの方向性を示すものです。

布袋駅東地区まちづくり基本構想の策定の目的

市では、布袋駅東地区に新たなにぎわいを創出するため、民間活力を導入した複合公共施設を整備する基本計画を平成29年3月に策定しました。
また、鉄道高架事業についても平成29年6月には名古屋方面の本線が高架に切り替わるなど、まちの姿も大きく変化しつつあります。
本地区は駅に近接していることから交通利便性が高く、今後の人口減少や高齢化が進行する中では、都市機能の集積や居住機能の誘導が求められ、持続可能なまちづくりを展開する上でも大変重要な役割を担う地域となります。
こうしたことから、本地区において、無秩序な土地利用を抑制して、駅を中心とした新たなまちづくりを推進するために、将来の土地利用や基盤整備などのまちづくりのビジョンを示す「布袋駅東地区まちづくり基本構想」を策定しました。

布袋駅東地区まちづくり基本構想(平成30年1月策定)

内容

布袋駅東地区まちづくり基本構想(全ページ)(PDF 12MB)


パブリックコメントについて

平成29年11月6日から平成29年12月6日まで布袋駅東地区まちづくり基本構想(案)に関する意見募集を行いました。

パブリックコメントの結果はこちら


問い合わせ

都市整備部 まちづくり課 都市計画グループ
電話:0587-54-1111 内線:382