こうなんキッズ

 

水はどこからくるの?

水道の水は、木曽川の水と市内でくみ上げた地下水によって作られています。
木曽川の水は犬山市にある浄水場で沈殿(ちんでん)やろ過をしてきれいな水にすると同時に塩素を使って殺菌して、飲み水になります。
この水は市の下般若配水場へ送られて、くみ上げられた地下水と一緒に貯められ、もう一度塩素を使って調整します。
こうしてできた飲み水が、配水場からポンプを使って配水管を通り、みなさんの家や学校などへ送られます。

(下の写真)配水場の職員が水質を検査

水質検査をしている様子

水は限りある資源

木曽川の水は岐阜県の岩屋ダムで水の量を調整していますが、雨が降らずダムの水が減ると「節水」などの対策が必要となります。
わたしたちの生活に水は1日でも欠かすことができないものですが、このたいせつな水も決して無限ではなく、限りある資源です。

上手な水の使い方

決め手は蛇口の開け閉め!

家庭の水道からはどれくらいの水が出るか知っていますか?
蛇口を出しっぱなしにすると1分間に約12リットルの水が出ます。水を使うときは、こまめに閉める習慣をつけましょう。

お風呂の水は再利用を!

お風呂は小さいものでも約200リットルは入ります。
お風呂の残り湯はそのまま流さずに洗濯・掃除・庭の水まき・洗車などに使いましょう。

わたしたちは水道の便利さになれて、いつの間にかたくさんの水を使う習慣が身についてしまっています。
ムダな水を使わないことは、誰にでもできること・・・
ひとりひとりが心がけ、限りある資源を大事にしましょう。