江南市 だれもが主役、みんなで築く、みんなの郷土

サイト内検索  Powered by Google
HOME くらしの情報 まなぶ・あそぶ 行政情報 施設ガイド 各課のページ グローバルメニューここまで
 

環境課

進めよう ごみ減量57(コウナン)運動

江南市環境学習プログラム(平成29年4月14日現在)

No. プログラムのテーマ プログラム概要 対象 実施団体及び代表者
1 園庭の自然の恵み学習
(1)「ダンゴムシ生態観察」 
(2) 「緑のカーテン学習」 
(3) 「園庭の樹木観察」 
(4) 「こんな時どうする」
【4つのテーマによるシリーズ学習】
(1)落ち葉を土に変えていくダンゴムシの生態を観察する。
(2)園庭の緑のカーテンの涼しさを体感し、生育した花や葉を使った貼り絵工作をとおして、自然の恵みを学ぶ。
(3)園庭の樹木観察を行い、葉っぱの形、葉脈や幹の特徴を学び、葉っぱなどの自然素材を使った作業をグループで行う。
(4)園児の考える環境ためにできることを園児とサポーターが車座になって談じるワークショップ
園児
(主として年長児)
NPO江南フラワーズ
小沢 恵子
2 将来のエネルギーを考えよう 地球温暖化が進むと日本にどんな影響が及ぶのかを知り、江南市の気温変化から地球温暖化を学ぶ。私たちの暮らしから電気の使い方を考え、将来のエネルギーについて考える。 小学6年生 愛知県地球温暖化防止活動推進委員
望月 晴夫
3 電気とくらし 私たちの暮らし特に電気の使い方から地球温暖化を知るとともに、電気はどうやってつくられるかについて学ぶ。 小学校高学年 環境カウンセラー江南グループ
藤田 泰雄
4 地球温暖化による天気の変化 地球温暖化が進むと天気はどのように変化するかを知る。特に、江南市の気温変化や雨の降り方の変化を学び、地球温暖化の現実を学ぶ。 小学5年生 愛知県地球温暖化防止活動推進委員
望月 晴夫
5 エネルギーの今と昔〜生活から考える〜 昔(昭和30年代まで)の生活と今の生活の違いを道具からエネルギーの違いを考える。今の暮らしが電気によって支えられていることを知るとともに江南市の気温変化から地球温暖化に触れ、私たちにできることを考える機会とする。 小学3・4年生 環境カウンセラー江南グループ
藤田 泰雄
6 大気環境の汚染防止に向けた環境保全を考えよう 大気環境の汚染が人間の生活環境の悪化に大きな影響を及ぼし初めて150年余、この間、二酸化炭素の増加は290PPMから390PPMへと、人間社会が活動はじめて二万年、わずか150年で100PPM増加。それに追い討ちをかける原子力発電災害(福島原発)による大気汚染、この事故による負の遺産は次の世代に一万年かけても消すことできない、この事実を受け止める時この事故により大気に放出された放射能(放射線)について何が正しいのかたくさんの情報が溢れるなかで自分として考え理解し他人の言葉に押し流されることなく判断する、その為の放射線(放射能)についての初歩的な知識を市民の皆さんと一緒に学び考える。 中学生・高校生〜一般 愛知県地球温暖化防止活動推進委員  
藤田 泰雄
7 買い物の今と昔 ・寸劇(15分程度)を通して、今と昔(30年代)の買い物の違いを知り、ごみ問題を考える。
・ごみの分別を学ぶ。
・エコライフ生活を学ぶ。
・57gのごみ減量を体感する。
小学4〜6年生 江南市女性連絡協議会環境委員会
栗本 明美
8 あいちの伝統野菜を体感してみよう 〜ネギパンづくり〜 ・食から生物多様性の恵みやいのちを頂くことを考えながら料理をする、生物多様性クッキングを体感してもらう。
・伝統野菜、越津ねぎを使ってネギパンを作る。(ねぎの旬は、11月から2月まで)
年長児〜一般 エコライフクラブ
栗本 明美
9 ふろしきでエコバック ・一枚の布でできたふろしきを使って、四角いもの、丸いもの等、なんでも包めることを知り、ふろしきの活用方法を学ぶ。
・物を大切にする心を育てる。
小学4年生
〜高校生
江南市女性連絡協議会環境委員会・エコライフクラブ
栗本 明美
10 菜の花栽培 ・休耕地を活用した菜の花栽培を通して、いきもののつながりの大切さを学ぶ。
・地域における環境活動の推進
・9月から4月頃まで(月1〜2回作業)
・菜の花栽培(苗を植える、草取り、菜の花摘みなど)
・菜の花を使って調理をする。(クッキーつくり他)
年少児〜一般 エコライフクラブ
栗本 明美
11 エコ・カルタで遊ぼう かるたを取り合って遊び、その後かるたの読み札を説明しながら、日々どんな生活をしたらいいのかを考える。 小学生 江南生活環境を良くする会
岩井 喜美子
12 新聞紙を使って、鉛筆を作ろう 不用になった新聞紙を使って、鉛筆を作ることでリサイクルを学び、資源の大切さを知ってもらう。 小学4〜6年生 江南生活環境を良くする会
岩井 喜美子
13 太陽のエネルギーを学ぼう 太陽エネルギーを使って何ができるかな・・・(おもちゃを動かす、料理を作るなど) 小学生 江南生活環境を良くする会
岩井 喜美子
14 生ごみでたい肥をつくり、野菜を育てよう ボカシを使って、家庭の生ごみを堆肥にし、畑やプランターなどで肥料として使うことを学ぶ。これは、市の57運動の推進につながり、しいては、市民の環境保全意識の高揚、次世代を担う、子供達の地球環境への関心を促すことになる。 小学生〜一般 江南生活環境を良くする会
岩井 喜美子
15 「外遊びから学ぶ自然の大切さ」 外遊びから自然と接するきっかけを与える。 年少児〜一般 健康支援 ローズ・リボン
鈴木 浩樹
16 ヌマエビを飼育しよう! 木や映像ではなく、実際に生き物を飼育し、その体験を通して、自然に対する興味を深める。 年長児〜小学4年生程度 NPO法人トンボと水辺環境研究所
川口 邦彦
17 自然観察と森のはなし 野山・河川を歩きながら目に見えるもの、見えないものに支えられていることの説明と解説 小学生〜一般 尾張自然観察会
斉竹 善行
18 自然を学ぼう
(1)校庭の樹木観察(季節と樹木の変化)
(2)公園や校庭の樹木観察
校庭の樹木に関心を持ち、観察することによって、自然に親しみ、自然を大切にしようとする心を育てる。
(1)樹木の四季の変化を観察する(総合学習対応)
(2)樹木観察をとおして、公園や校庭の樹木の特徴を学ぶ(理科対応)
(1)小学3・4年生
(2)小学生
NPO江南フラワーズ 
竹村 ひろみ
19 私たちと環境
(1)地球の話(講義)
(2)環境の為に私たちのできること(ワークショップ)
私たちと環境
(1)(講義)
地球環境問題って何だろう及び地球の温暖化・オゾン層の破壊など。
(2)(ワークショップ)
講義で学んだことをもとに、環境のために自分たちができることをグループにわかれて話し合う。 
小学4年生 NPO江南フラワーズ 
竹村 ひろみ
20 みんなで「おかいこさん」の飼育と「まゆ」づくりを体験しよう 平成22年10月、COP10関連事業「地球のいのち・交流ステーション事業」ブース出展してから4年経とうとしている今、地球温暖化・放射線による大気汚染は生き物に対する環境はますます悪化している。ましてや小さな生き物・おかいこさんにとって持続可能な種の保存には私達人間は大きな責任が。私達は「おかいこさん」を飼育して、小さな生き物が地球温暖化・大気汚染の悪い環境下でどのような影響を生存に与えられているのか、おかいこさんを飼育体験しながら、私達の住んでいる町の環境を身に感じながら、環境保全と小さな生き物の飼育とシルクの肌触りを楽しむ。日本の国を背負ってきた養蚕を地域の市民の皆さんと一緒に知り、学び人と人の絆づくりをねらいとする。 年少児〜一般 NPOまゆを育てる会
藤田 泰雄
21 環境家計簿普及プロジェクト 環境家計簿に多くの市民に取り組んでいただき、日常生活で 排出される二酸化炭素の排出量を算出することで、地球への負荷・影響を認識してもらい、エネルギー資源の節約と環境に配慮したライフスタイルの実践にお互い取り組む。 小学5・6年生〜一般 NPOまゆを育てる会・愛知県地球温暖化防止推進委員
藤田 泰雄
22 むかしあそび けん玉、あやとり、おりがみ、紙ひこうきなど、エネルギーを使わない「むかしあそび」を家にある不要資機材をリユースして作り、ものを大切にする喜びを知り、育てる。            年少児〜一般 NPOむかしあそびエコクラブ・愛知県地球温暖化防止推進委員
藤田 泰雄
23 地産地消でCO2削減とヒートアイランド防止 将来の日本を担う子供達を主にした体験型の講座で、地域で生産される食材は育成・生産過程が身近に確かめやすく新鮮食材が消費でき、地域に伝わる食文化の再発見と伝承という大切な啓発活動が生産者と消費者との人との繋がりを育て、食べ物を大切にする心の育成にもつながると同時に、遠くから搬入される食べ物の輸送に係るエネルギーの節約でCO2削減に、環境に優しい取組活動と考えられ、まずは子供達と一緒に作物を育て・収穫・食べる楽しい活動により、「青い地球を次の世代につなぐまち」をそだて地域の活性化を目指す。 年少児〜一般 愛知県地球温暖化防止活動推進委員
藤田 泰雄
24 生きもの集まれ五条川!
(1)講義
(2)実技 
(1)講義 
川での注意事項と多自然型の川づくりについて、人と生き物の関わりの話。 
(2)実技
川での注意事項を履行し、実際に五条川で植栽を行う。
小学3年生〜6年生 NPO法人トンボと水辺環境研究所
川口 邦彦
25 私たちの暮らしと地球温暖化(みんなで考えよう) 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書(AR5)に示されている、気候変動に関する最新の科学的知見を、専門家からわかりやすく伝え、気候変動問題に対する知識や関心を深めることを目的とします。 一般 環境カウンセラー江南グループ
望月 晴夫


問い合わせ

生活産業部 環境課 環境対策グループ
TEL 0587-54-1111 内線421

江南市役所 法人番号3000020232173 〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90 TEL:0587-54-1111 FAX:0587-54-0800
Copyright(C) 2006 Konan City All Rights Reserved.