環境課

進めよう ごみ減量57(コウナン)運動

 

HOME > 各課のページ > 環境課 > 環境対策情報 > 飼い犬等によるふん害について

飼い犬等によるふん害について

 市には、道路・公園などの公共の場所や、民地に犬や猫等のふんが放置されて困るといった、ふん害の苦情が非常に多く寄せられています。
こうしたふん害を防止するため、市では「江南市飼い犬等のふん害の防止に関する条例」を平成15年10月から施行し、飼い主の方がふん害の防止に努め、ふんを回収することを義務付けています。

飼い主の方へ

 ペットと外に出るときには、スコップ・ビニール袋等を持ち歩き、ペットがふんをしたら必ず持ち帰りましょう。持ち帰ったふんは、よく乾燥させて可燃ごみとして処理してください。また、おしっこについても水で洗い流すようにしましょう。(水をペットボトル等に入れ持ち歩くよう心がけましょう。)
快適な生活環境を築くため、マナーを守り周りの人に迷惑をかけないように責任を持ってペットを飼いましょう。

ふん害防止看板の貸出について

 ふん害を防止するため、啓発看板を無料で貸し出していますので、希望される方は環境課の窓口で手続きしてください。

◇手続きの際には、窓口にお越しいただいた方の名前、住所、連絡先を記入していただきます。(印鑑は不要です。)
◇借地等に設置予定の場合には、必ず土地所有者の承諾を得たうえで手続きして下さい。
◇看板を立てるための支柱も貸し出しています。


見本(縦40cm、横30cm デザインは参考です)

看板見本 ふん、尿 後始末お願いします   看板見本 まちをきれいに 犬のフンは飼い主が始末をして持ち帰ろう マナーがつくるきれいな環境