江南市 だれもが主役、みんなで築く、みんなの郷土

サイト内検索  Powered by Google
HOME くらしの情報 まなぶ・あそぶ 行政情報 施設ガイド 各課のページ グローバルメニューここまで
 

保険年金課

連携が効果を生む保険年金事業

障害基礎年金

 障害基礎年金は、国民年金加入中や20歳前に初診日がある病気やけがが原因で、重い障害が残った方が受けることができる年金です。

年金額(平成29年度)

【1級】  年額 974,125
【2級】  年額 779,300

 受給者に以下の条件に該当する子がいる場合、条件を満たしている間は年金額に加えて「子の加算」が支給されます。

◆子の条件

・18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子

・20歳未満で1級・2級の障害にある子
◆加算額
1人目・2人目 各 224,300円/年
3人目以降 各  74,800円/年

受けるための要件

障害基礎年金を受けるためには、次の3つの要件すべてに該当することが必要です。

◆受けるための要件
(1)初診日の加入要件 初診日(障害の原因となった病気やけがで、初めて医師の診療を受けた日)において、次のいずれかに該当していたこと

・国民年金に加入中であること
・日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の方であること(ただし、老齢基礎年金の繰上げ請求をしていないことが必要です。)
・20歳未満の国民年金加入前であること
(2)保険料納付要件 次の要件のいずれかを満たしていること(ただし、20歳前に初診日がある場合は、次の要件を満たす必要はありません。)

・初診日の前々月までの被保険者期間のうち、3分の2以上の保険料を納めた期間(保険料免除期間・学生納付特例期間及び若年者納付猶予期間を含む)があること。
・初診日の属する月の前々月までの1年間に保険料の未納期間がないこと。
(3)障害程度の要件 ・障害認定日に、障害の程度が国民年金法施行令で定める障害等級表の1級または2級の状態であること。
・障害認定日に1級または2級の障害に該当しなかった場合は、その後、65歳の前日までに障害の状態が悪化し、1級または2級の状態になっていること。
障害認定日とは
原則として病気やけがにより、初めて医師の診療を受けた日(初診日)から1年6か月を経過した日。又は1年6か月以内に症状が固定した日。

◆障害等級表はこちら

20歳前に初診日のある傷病の障害基礎年金

 20歳前に初診日のある方は、要件を満たせば障害基礎年金は受けられますが、本人の所得制限があります。

請求の手続き

手続きの場所

(1)初診日が第1号被保険者期間中の方
市役所1階 保険年金課国民年金グループ
(2)初診日が厚生年金加入中や第3号被保険者期間中の方
一宮年金事務所 (電話0586‐45‐1417)

手続きに必要なもの

  • 年金手帳(年金手帳がない場合は健康保険証など本人確認ができる書類)
  • 印鑑(認印)
  • 請求者名義の預貯金通帳
  • 裁定請求書
  • 診断書(障害の状態によって様式が異なります。)
  • 病歴状況申立書
  • 受診状況証明書(診断書を記入した医療機関と初診時の医療機関が同じ場合は不要。)
  • 住民票(裁定請求書に住民票コードを記載した場合は不要。)
  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保険福祉手帳(お持ちの場合のみ)
  • 請求者が他の年金を受けている場合は、その年金証書
  • 「障害認定日による請求」を障害認定日から5年以上経過後に行った場合は、遅れた理由を書いた「遅延理由書」

◆20歳前に初診日のある場合

  • 所得状況届

◆加算対象の子がいるとき

  • 戸籍謄本
  • 世帯全員の住民票
  • 子の所得証明書または非課税証明書(学生のときは学生証の写し、小・中学生の場合は不要)

◆請求者以外の方(代理人)が手続きする場合

  • 委任状  ※委任状(PDF 49KB)
  • 代理人の身分を証明できるもの(運転免許証、健康保険証、パスポート等)
 

請求をお考えの方へ

 請求にあたって、市役所の保険年金課窓口で事前に聴き取り調査をいたします。
 請求に必要な書類は、初診日等の受給資格を確認したうえで、ご案内します。

関連リンク

日本年金機構ホームページ (外部リンク)

江南市役所 法人番号3000020232173 〒483-8701 愛知県江南市赤童子町大堀90 TEL:0587-54-1111 FAX:0587-54-0800
Copyright(C) 2006 Konan City All Rights Reserved.