行政経営課

公的資金補償金免除繰上償還に係る財政健全化計画(当初計画)【概要】

1.計画作成の目的、理由について

地方公共団体の借入資金の一部について、平成19年度から21年度までの臨時特例措置として、補償金免除繰上償還が認められました。

条件
(1)財政健全化計画を作成すること。
(2)財政健全化計画の内容が当該団体の行財政改革に相当程度役立つものと総務大臣及び財務大臣から認められること。
(3)財政健全化計画を議会や住民に公表すること。

2.計画の概要について

1.基本的事項


(1)計画名
江南市財政健全化計画

(2)計画期間
平成19年度~平成23年度

(3)計画の基本方針
行財政構造改革「集中改革プラン(平成17年度~平成21年度)」に基づき行財政構造改革の確実な実行により、現在の適正な状態を維持していく。

2.財政運営の課題と解決手段


(1)事務事業の改革
事務事業の再編・整理等を図り、効率的な行政運営に努めます。

(2)行政運営の改革
市役所の組織や行財政運営のあり方を根本から変える「構造改革」を推進します。

(3)組織・人事・給与の改革
NPMに基づく行政経営を実現するための"組織"と"人"への転換を図ります。

(4)行政サービスの提供方法の改革
市民等を対象とする公共サービスの提供に際しては、市の関与を必要最小限にとどめます。また,市民の生活や地域における問題は、基本的に市民や地域による自主的・自発的な活動に解決を委ね、アウトソーシング(外部委託)を積極的に導入し、効率的な行政運営と市民サービスの向上を図ります。

(5)地方公営企業、第三セクター(土地開発公社等)の改革
地方公営企業の経営の健全化を推進するため、経営全般について総点検を行い、アウトソーシング(外部委託)や民間経営手法の導入促進を図ります。また、土地開発公社は、保有している資産の早期解消を進めます。



3.補償金免除繰上償還について

江南市における繰上償還の対象は以下の借入資金です。

補償金免除繰上償還
繰上償還
年度
借入年月 借入
利率
事業目的 繰上償還額 不要となる
償還利子額
平成19年度 昭和55年4月 7.15% 休日急病診療所建設 8,048,704円 731,984円
平成20年度 昭和59年5月
(5件)
昭和60年5月
(2件)
7.10% 北部中学校校舎建設始め7件 16,242,368円 857,708円

江南市財政健全化計画(当初計画)

  1. 基本的事項(PDF 18KB)
  2. 財政状況の分析(PDF 17KB)
  3. 今後の財政状況の見通し(PDF 17KB)
  4. 行政改革に関する施策(PDF 23KB)
  5. 繰上償還に伴う行政改革推進効果(PDF 18KB)

江南市財政健全化計画(当初計画)執行状況 (PDF 375KB)

問い合わせ

総務部 行政経営課 財政グループ
電話:0587-54-1111 内線:276