下水道課

健康で快適なくらしと美しい川の流れを求めて
HOME > 各課のページ > 下水道課 > 特定都市河川浸水被害対策法のご案内

特定都市河川浸水被害対策法のご案内

愛知県は、平成18年1月1日に新川流域を「特定都市河川浸水被害対策法」に基づく特定都市河川流域に指定しました。
新川流域内で500平方メートル以上の雨水浸透阻害行為を行う際には、雨水貯留浸透施設の設置が義務づけられています。



雨水浸透阻害行為とは

田畑など締め固められていない土地に、建物を建てたり、駐車場・資材置場などにしたりする行為を指し、雨水の著しい流出増につながるもののことです。

敷地が500平方メートル以上の場合は、県知事の許可が必要になります。
詳細は、新川流域総合治水対策協議会のホームページ(外部リンク)をご覧ください。

問い合わせ

水道部 下水道課 雨水排水グループ
電話:0587-54-1111 内線:371、372