下水道課

健康で快適なくらしと美しい川の流れを求めて

各種補助制度について

接続汚水ます等設置補助制度について

接続汚水ます・接続掃除口とは、下水道に接続する際に必要な敷地内排水設備と公共下水道の取付管を連結するために、個人又は事業者が設置し、管理するものをいいます。接続汚水ます・接続掃除口の補助対象は、原則1宅地につき1箇所で、補助額は接続汚水ます(店舗、事業所等)が2万円、接続掃除口(一般家庭)が1万円です。

排水設備工事資金に係る融資あっせん及び利子補給制度のご利用を

下水道に接続する際の工事費について、一定の条件を満たした方であれば、融資あっせんを受けることができます。融資あっせん額の上限は72万円です。ただし、くみ取り便所を2箇所以上改造する場合は、1箇所増すごとに10万円を加算した額が上限額となります。市では、融資金にかかる利子相当額を負担しますのでご利用ください。詳しくは、下水道課へお問い合せください。

浄化槽の雨水貯留施設転用補助制度のご活用を

降雨時の浸水被害の軽減及び河川への負担の軽減を図るため、下水道へ接続の際に不要となった浄化槽を改造して、雨水貯留施設(敷地内に降った雨水を貯めておく槽)として転用される方にその工事費の一部を補助します。補助額は改造に要する費用の4分の3(ただし、供用開始の日から3年以内に転用される方には10分の9)で30万円を限度額としています。